梅垣義明 情熱の女性歌手のものまね!劇団WAHAHA本舗の映像!

「梅垣義明 情熱」が話題となっています。

劇団WAHAHA本舗の看板俳優である梅垣義明さんが、数々の女性の歌手のものまねが観客を沸かせたその演劇に対する情熱について語ってくれているようです。

今回の記事では、「梅垣義明 情熱」についてまとめていきます。

梅垣義明 情熱!

劇団WAHAHA本舗の看板俳優である梅垣義明さんの情熱とは一体どのようなものなのでしょうか。

それでは、「梅垣義明 情熱」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

劇団WAHAHA本舗の看板俳優、梅垣義明さん(60)は、数々の女性歌手のものまねで観客を沸かせてきました。福岡で予定していた還暦記念リサイタルは、残念ながら公演中止になりましたが、福岡を訪れた梅垣さんに、還暦を迎えた思いや舞台に懸ける情熱をうかがいました。

【写真】WAHAHA本舗のメンバー・久本雅美さん

-シャンソンをメインにした舞台を予定していたのですね。

★梅垣 美輪明宏さんを尊敬していまして、これまでも美輪さんみたいに女装してシャンソンを歌ってきました。美輪さんは本物です。仰々しくつくられた部分もあるけど、オーラがある。男でもなく女でもない。性を超えている。寺山修司の戯曲「毛皮のマリー」という芝居にも呼んでいただくなど、交流があります。家が近くなんで「遊びに行っていいですか」と頼みましたが、「来ないで」と言われた(笑)。

-仕事を始めたのは20代ですね。

★梅垣 芝居をやりたいと思って、お笑いがいいなと。20代の頃って頭で考えるより、体が先に動く。京都の大学を辞めてそのまま東京に行きました。若い頃って何の根拠がなくても、行動するってことがありますね。

-お客さんが参加したネタが受ける。

★梅垣 お客さん全員にパンティーを配って、それをかぶってもらったライブもある。若い女性は喜んでその姿を記念写真に収めたり、トイレに行ってわざわざ髪もセットをしたりするほどです。ネクタイを締めて社会的地位のある人がそういう姿をしているのを舞台から見るのが楽しいですね。逆にかぶらない人は銭湯で一人だけ服を着ているみたいなものでしょう。

-衣装も工夫していますね。

★梅垣 ネタによっていろんなものをつくる。するめいか、こんぶといった乾物をドレスに付けて、ストールはかつお節。その姿で加山雄三の名曲「海 その愛」を歌う。そしてストールをばらまく。もちろん掃除して帰ります。乱暴な感じに見えるが、笑える、笑えないのぎりぎりをやっている。

-客層が広い。

★梅垣 子どもや若い子もいる、お年寄りもいる。ぼくと同じ年代もいる。もし下品だったらお客さんは来てくれないはず。お母さんが子どもを連れてきているのは楽しんでもらっているのでしょう。舞台から客席を見ていろんな世代がライブを楽しんでくれるのがうれしい。

梅垣義明 情熱の女性歌手のものまね!劇団WAHAHA本舗の映像!

梅垣義明さんのプロフィールをまずはおさらいしましょう!

▼うめがき・よしあき 1959年7月12日生まれ、岡山県出身。84年に劇団WAHAHA本舗に入団。女性歌手のものまねで「歌姫」と呼ばれる。主な出演作は、映画「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズ、テレビドラマ「はみだし刑事情熱系」など。

 

こちらが梅垣義明さんの女性歌手のものまね映像になります。

梅垣義明 シャンソン芸 1990年

そしてこちらが劇団WAHAHA本舗での映像になりますね。

【ひるポチッ!】WAHAHA本舗 梅垣義明60還暦記念リサイタル!(20/2/7)

「梅垣義明 情熱」 ネットの反応は?

さらに、「梅垣義明」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

「梅垣義明 情熱」 終わりに

今回の記事では、「梅垣義明 情熱」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

劇団WAHAHA本舗の看板俳優の梅垣義明さんの演技にはやはり情熱が注がれていることで、観客を魅了しているのだなと感じました。

今後も梅垣義明さんに注目ですね!

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。