鈴木紗理奈 訴えがヤバイ!岡村隆史の失言に説教の内容はこちら!

芸能

「鈴木紗理奈 訴え」が話題となっています。

TBS のサンデージャポンに出演したタレントの鈴木紗理奈さんが緊急事態宣言下の自粛生活が続く中自身の意見を訴えたことが報じられ話題となっているようです。

さらに泣いていないの岡村隆史さんの失言問題に対し説教をする一幕もあったんだとか。

一体どんな説教だったのか気になりますね。

今回の記事では、「鈴木紗理奈 訴え」についてまとめていきます。

鈴木紗理奈 訴えがヤバイ!

タレントの鈴木紗理奈さんがサンデージャポンに出演し、現在の新型コロナウイルス感染拡大の自粛生活に関して訴えたことが報じられ話題となっています。

一体どんな内容だったのでしょうか

それでは、「鈴木紗理奈 訴え」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 タレントの鈴木紗理奈(42)が3日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前10・00)に生出演。緊急事態宣言下で自粛生活が続く中、「気合入れて政治家の方も補償していただきたい」と訴えた。

状況を聞かれた鈴木は「世界的にも大変な状況だといって、(子どもにも)我慢させてますけど」としたうえで「(国民側も)気合を入れて自粛するので、気合入れて政治家の方も補償していただきたい」とコメントした。

コロナ倒産についても「私の周りにも飲食店とか、洋服屋さんが多いんですけど、基本的に影響を受けていないのは周りに一人もいない」とし、「全員が仕事が無い状態です。私も1カ月ぶりに仕事です」と嘆いた。

鈴木紗理奈 訴えがヤバイ!岡村隆史の失言に説教の内容はこちら!

鈴木紗理奈、サンジャポ生放送で岡村隆史に涙ながらにマジ説教! 「オッサン、なにやっとんねん!」

さらにタレントの鈴木紗理奈さんは「めちゃ2イケてるッ!」で共演していた岡村隆史さんの失言に対し説教をしたことが報じられました。

そちらについても詳しく見ていきましょう。

 タレントの鈴木紗理奈(42)が3日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前10・00)に生出演。長年、フジテレビ「めちゃ2イケてるッ!」で共演していた「ナインティナイン」岡村隆史(49)の“女性蔑視発言”騒動について「おっさん、なにやっとんねん!」と苦言を呈した。
鈴木は「いや~もうみんなコロナニュースで気が滅入って、敏感になっている中で、それを察知せずに、面白いと思って言ってる。悪意なんてないと思う。すごい残念やし、おっさん、何やっとんねん…って感じですね」とあきれ顔を見せた。

ただ、長年苦楽を共にしてきた仲間だけに「もちろん、すごい悪いことをしたけど、悪い人じゃない。この発言をするような、困っている人に対して、喜ぶような人じゃない。優しい人やから。自粛とか、降板とかはするべきじゃないと思うし、こういうミスをしたおっさんをみんなで笑ったらいいと思う」と必死にフォロー。「本人はナイーブな人なので、今回の事で自分から降板とかいうかもしれない。それぐらい反省して当然だと思うんですけど、これを含め、ちっちゃいおっさんがもう経験足らずに言ってしまったこと、女性経験も少なくて、これを機に結婚なり、恋愛なりして、ちゃんと人を向き合って、こういうことは言っちゃダメなんだと、おっさんが学べ!って思いました」と目を赤くして、テレビを通して“説教”をした。

「何やってんねん!って気持ちです」と鈴木。「やっぱり憧れてきたし、番組を引っ張ってきてくれて、一番歯を食いしばってきている姿をカッコイイと思ってみてきたのに」と悔しがり、「こんなに後先考えたら問題になると分かることを言ってしまうのが残念。面白い人なのに…」と残念だった。

岡村は4月23日深夜のニッポン放送「オールナイトニッポン」で「コロナが終息したら美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」などと発言し、批判を浴び、同29日には所属事務所の公式サイトで「世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だった」と謝罪コメントを発表。同30日深夜放送の同番組で、「至らなさを本当に反省してます。人々に寄り添う思いが、全然自分の頭になかった」と謝罪した。番組には、相方の矢部浩之(48)も途中から出演し、“公開説教”。言葉を選びながらも、岡村の人格的な「根っこの部分」に失言の遠因があると指摘しつつ、「相手の気持ちを考えられないと、どんどんズレていく」などと助言していた。

「鈴木紗理奈 訴え」 ネットの反応は?

さらに、「鈴木紗理奈 訴え」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

芸能人が補償という言葉を発することに嫌悪感を抱きます。
小売店や企業と違って、タレントには営業自粛を要請していません。
舞台をメインとしている役者さんや芸人さん達は公演自粛によって被害があるかもしれませんが、彼女のような特段芸の無いTVタレントはあまり影響ありません。
単に、業界内で必要とされていないだけです。

もうこんなのいくら自粛したっておんなじだよ。テレビ局はそりゃ自分らはいいよな‥スタジオ放送をして、通勤や取材で軽症感染したテレビ局関係者がコロナを拡散させて、悟り顔で視聴者に自粛を押し付けて、社会をパニックにして、更にそれをネタに動き回って、コマーシャル出して営業しているテレビ局。事実。

たむけんとのYouTubeが成功してればそんな事考えなくて良かったのにね。
紗理奈に限らず中途半端な芸能人、芸人はどんどんふるいにかけられて本当に実力のある人だけ生き残れると思う。
よく分からないコメンテーター的な芸能人も不必要。

店をやっている人ならともかく、芸能人が
仕事ないから補償補償って言うな。
介護や運送ならいくらでも仕事あるから
それをやれ。

日本のやり方ではコロナは終息しないと思う。
もう普通に病気として共生していくしかない。
昨日も近所のHCは駐車場待ちが起きてたし
強制力のない要請には何ヵ月も堪えれない

芸能人、タレントが自身の仕事がないことの愚痴を聞くのは嫌い。

一般の商売している人に補償を、というのなら発信者としての主張ととれるけど。

芸能人、タレントが自分の収入の補填を政府にお願いするのなら、芸能人を辞めた方がいい。

段階的にせよ「自粛は、止めた方が良い」と思う。

「コロナで死ぬ人」より「自粛経済で自殺する人」の方が多くなりそうな現状…。
ここまで来たら“自然の摂理”に任せることも検討すべきであると思う。

コロナによる経済不況により死者が増えると言っている専門家もいるので、そうならないように、資金供給を大量に行い、景気刺激策を最大規模で実施して、不況による死者を最大限に減らすべきです。経済が回復するまでしばらくは資金供給の副作用を怖がって増税や緊縮財政を行わない、コロナ不況でも所得の減らない、政治家や地方議員の歳費、高級官僚など公務員の人件費は数パーセントカットするべきです。

生活必需品以外の財産を全て処分しろ。
安い家賃のところへ引っ越せ。
その上で生活に困窮するなら、生活保護を受けろ。

一般人を引き合いに出すなら、実際の生活困窮者のところまでレベルが落ちて物申せ。

芸能人などという浮き沈みの激しい世界を職業に選んだんだ。
自分の今の状況を受け入れろ。

芸能人は、そもそも良い生活しすぎ
見栄張りすぎ、アスリートみたいに凡人が
できない能力もないのにね。

「鈴木紗理奈 訴え」 終わりに

今回の記事では、「鈴木紗理奈 訴え」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

タレントの鈴木紗理奈さんが新型コロナウイルス感染拡大で不要不急の外出を控え自粛生活中の状況について訴えたことが報じられ話題になりましたね。

さらには岡村隆史さんの質問に対しても説教をするなど、共演者ならではの本人思う素晴らしい意見だと感じました。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民