報ステ代役アナ 安定感が凄すぎ!徳永明美アナ映像や平均視聴率は?

芸能

報ステ代役アナの安定感が話題となっています。

新型コロナウイルスに感染し自宅療養中のテレビ朝日の富川悠太アナの代役に出演した報道ステーションのアナウンサーの安定感が凄いと話題になっています。

代役に出演したのはフリーの徳永明美アナ。一体どんな安定感のある放送だったのでしょうか。

今回の記事では、報ステ代役アナの安定感についてまとめていきます。

報ステ代役アナ 安定感!

テレ朝「報ステ」富川アナが感染

報道ステーションは現在新型コロナウイルスに感染した富川悠太アナの代役に別のアナウンサーがバトン形式で対応しています。

その代役アナウンサーが安定感があると好評のようなんです。

それでは、報ステ代役アナの安定感について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 新型コロナウイルスに感染して一時入院し、自宅療養中のテレビ朝日・富川悠太アナウンサー(43)が、メインキャスターを務める同局「報道ステーション」への早期復帰を回避する可能性が出てきた。

【写真】テレ朝「六本木ヒルズ夏祭り記者会見」でショートパンツの法被姿を披露した森葉子アナ(17年)

富川アナについては、退院から2週間以上が経過し、緊急事態宣言の当初期限の6日を過ぎた月曜日の11日にも復帰するとの見方が流れていた。同局関係者は「代役の評価も高く、エースアナに急いで復帰してもらわなくてもいい状況になった。体調面を考えてもう少し時間をかける可能性が出てきた」と説明した。

富川アナの相棒であるフリーの徳永有美アナ(44)も一時自宅待機となり、先月24日までメイン2人を欠いた同番組。その事態を小木逸平(45)、森葉子(34)、板倉朋希(34)の各アナが代役を務めて乗り切った。視聴者は「安定感がある」と評価。平均視聴率も落とすことなく15~18%で推移し、4月15日には20.6%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。関係者は「富川アナにはしっかりと体調を戻して帰って来てほしい」と話した。

報ステ代役アナ 安定感が凄すぎ!徳永明美アナ映像や平均視聴率は?

富川悠太アナの代わりに出演した相棒の徳永明美アナや、その他アナウンサーの大役出演について見ていきましょう。

平均視聴率は、15~18%と4月15日には20.6%。抜群の安定感ですね!

平均視聴率も落とすことなく15~18%で推移し、4月15日には20.6%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

これは確かに安定感があり安心して見ることができますね。さすがアナウンサーといったところでしょうか。

報ステ代役アナの安定感 ネットの反応は?

さらに、報ステ代役アナの安定感についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

申し訳ないが小木さんの方が良いです!
冨川アナは何かざとらしいのが嫌て途中から観てませんでした。
今のままでずっと継続お願いいたします。

富川さんがエースアナウンサーか?
もうこれで、報道局やアナウンサー部が甘やかしている証拠だよ。フリーアナウンサーの小川彩佳さんへのパワハラ問題だってまだ解決していないんだからさ。

小木アナウンサーにバトンタッチすればいいよ。

「体調面を考えてもう少し時間をかける必要がでてきた」これなら問題ないけど、
その前文が「代役の評価が高いので」って
富川アナは、複雑だろうね。

しかし、テレ朝って自前でいいアナウンサー多いですね、代役でなくメインでもいける

富川アナを批判するとかしないとかでなく、単純に代役のおふたりのほうがニュースがすんなり耳に入ってきて報道番組として充実していた。それが全て。

小木さんメインキャスター昇格でも良いでしょ。冨川と違って知ったかぶらないし、人柄も良さそう。

富川さんもイマイチでしたが、徳永さんがどうしても違う気がしています。最近は金曜日しか観ていませんでしたので、小木さんでお願いします。

小木さんの方がいいなぁ。富川さんはアナウンサーという立場の割に自分の思想的立ち位置が強い。主張も強いから中立の報道になってない。

この時間帯のニュース番組に求められる要素を兼ね備えてるののが小木アナ 的確にニュースが頭に入ってくる安定感はと安心感は抜群です。

富川本人は、戻りたいの?
世間の好奇や非難は、これまでとは比べもんになんないほど、痛烈になるよ。
人間の方がコロナより怖い気がする。
それでも、戻りたいのかな。

話はそれますが、私は覚えています、あれは緊急事態宣言発令前後の頃でした。中洲の屋台街からの中継場面で、まだ屋台が営業していること対して富川アナが「なぜ自粛しないのでしょうか?」と聞き、自粛要請が自治体からまだ出ていないからとの返答をうけると、「これは早く要請を出して頂かないまずいですねと」と言うような発言をしたことを。
補償の話もまだ出ていない中で、自営業者を追い込むことしか頭に無いようなアナウンサーの視野の狭さに、その時の私は愕然とました。
そのとき久々にNステを観てたのですが、もう観ることは無いでしょう。
もっと物事を多面的にみれるアナウンサーが沢山出てきてくれることを望んでいます。

報ステ代役アナの安定感 終わりに

今回の記事では、報ステ代役アナの安定感についての内容やネットの反応をお伝えしました。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で様々なところにいろんな対応策が生じる中、代役で出演したアナウンサーに安定感があったということでやはりプロだと感じた方も多いと思います。
富川悠太アナ早く戻ってきてほしいという気持ちもあります。まずは体調を完全に直してほしいですね。
それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民