豊田真由子 異例のバイキング主演の写真!ツイッターやYouTubeは?

社会

「豊田真由子 異例」が話題となっています。

元衆議院議員の豊田真由子氏がフジテレビの情報バラエティ番組バイキングに新型コロナウイルスの専門家として出演し話題を集めています。

以前はこのハゲーと話題になった方ですよね!どのような解説をされているのか気になるところです。

今回の記事では、「豊田真由子 異例」についてまとめていきます。

豊田真由子 異例!

【バイキング】豊田真由子氏がバイキングに出演「ハゲ2人用意」と坂上忍にイジられる、最後のコメントも長かった為「短めにね」とツッこまれた

元衆議院議員の豊田真由子氏が情報バラエティ番組バイキングに出演し話題を呼んでいますね。

どうやら新型コロナウイルスの専門家として出演しているようでそのトークが素晴らしいと絶賛の声も上がっているようです。

それでは、「豊田真由子 異例」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

元衆議院議員の豊田真由子氏が、フジテレビ系昼の情報バラエティ番組『バイキング』(毎週月~金曜11:55~)に、新型コロナウイルスの解説で感染症の専門家として出演し、話題を集めている。

週刊誌で報じられた秘書への暴言での感情的なイメージから一転、知識と経験に裏付けされた論理的な語り口で、SNSでも「説明がすごく分かりやすい」「豊田真由子の解説だけを2時間ぶっ続けで聞きたい」と評判だ。

すごい戦力になるんじゃないか

『バイキング』制作統括のフジテレビ・石塚大志ゼネラルプロデューサー(GP)に電話取材で起用の経緯を聞くと、はじめは『直撃!シンソウ坂上』の生放送で新型コロナウイルスについて解説できる専門家を探していたところ、相談していた関係者から豊田氏の名前が出てきたという。

「その方に、豊田さんが作った資料を見せてもらって、すごく分かりやすいと思ったんです。その上、ハーバード大学で公衆衛生学を学んで、2009年の新型インフルエンザのときに厚生労働省の官僚としてジュネーブ(WHO本部)に行ってらっしゃり、元国会議員ということで、この問題にはうってつけの人材だ、すごい戦力になるんじゃないかと思って、連日新型コロナウイルス問題を報じている『バイキング』の方での出演をお願いしました」(石塚GP、以下同)

出演で反省していることは…

まだ騒動のイメージが残る中でテレビ番組に出演することに、本人は「平穏な生活になりつつある中、メディアに出るのは正直、怖くてためらった」(サンケイスポーツ、4月18日付)と本音を吐露していた。

それでも、「専門家の方々には、出演の前日からアンケートで質問を投げかけるんですけど、豊田さんは毎回すごく真面目に書いてきてくれるんです。自分の知識だけでなく、人脈を駆使していろいろ調べてくださっているようで、1つの質問に対してとても綿密に回答してくれます」と驚く。

ただ、「本人も反省されていますが、その分コメントが長くなりがちなので、日々『コンパクトに』とお願いしています(笑)」と、つい熱くなりすぎてしまう性格のようだ。

新型コロナ問題で貴重なポテンシャル

視聴者の反応もよく、『バイキング』には3月9日の初登場から8回出演し、すっかりイメージを一新。

「騒動のイメージもあるので僕も迷いがなかったわけではありません。ただ、新型コロナウイルスという問題において豊田さんのポテンシャルは貴重だと思っています。でも、あの騒動のときは私も報じていた側なので、今こうやって出演していただいているのは、ちょっと不思議な感覚ではありますね(笑)」と異例のケースに戸惑いながらも、信頼を寄せている。

豊田真由子 異例のバイキング主演の写真!ツイッターやYouTubeは?

こちらが豊田真由子氏が出演したバイキングの映像になります。

Twitter や YouTube でも投稿されているものがたくさんありましたね。

どうやら豊田真由子子は新型コロナウイルスの専門家としてかなり好評のようです。

「豊田真由子 異例」 ネットの反応は?

さらに、「豊田真由子 異例」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

私たち一般人は政治家や企業トップに完璧を求めすぎるきらいがあるが、問題を起こせば全否定するのでなく、良い所は純粋に評価すべきだと思う。

以前の報道のインパクトが強かったけど、地元の人も再立候補したときの選挙戦の様子などで「イメージが変わった」と言っている人もおられたようです。
本人も反省されているし、しかもそれが伝わってくるから、能力のある人なんだしそれを生かせるように頑張って欲しい。

政治家を目指す人は少なくとも凡人じゃない。ハゲ〜の印象が強過ぎて、さも彼女だけが異常者扱いだが、ハゲ〜って言わないだけで永田町にはいくらでも理解を超えた人がいるだろう。彼女に才能があるなら勿体ないし、チャンスが来れば活かせば良い。ま〜元はと言えば彼女が悪いんだけど。

パワハラについては反省しなければならないが、河井案里に比べれば議員としての仕事もやっていたし、議員も辞職している。
河井案里も見習って欲しい。

この方の学歴経歴を見ていると、大変頭も良く優秀な方なのだと思います。豊田さんの選挙区市民ですが、あの時は、支持する事は出来ないけど、この人から見て秘書さんあまりにも馬鹿過ぎて頭に来ちゃったんだろうとは思ってました。人を上手く使う事も頭の良さのひとつだと思いますが、そこは豊田さん良くなかったと思います。でも自分の専門については、大変優秀な方なのでその方面でご活躍するのが良いでしょうね。医者でも薬剤師でもない、自称専門家のスナックのママ風のおばさんよりも、よほど説得力があります。

あの件は秘書さんが相当仕事出来なくてストレスが溜まった上での暴言だったように感じてたので、本人は相当な努力家に見えるし好感度が上がって仕事が増えるのは何も問題無いと思う。

この方の解説を見ていると優秀過ぎて部下が付いて来られなかったように思われます
国会議員の秘書達も能力が低下している方が多くなっているのではないでしょうか?

日本は一度の失敗で再起ができないほど脚を引っ張る傾向があるが、改心した人にはチャンスを与えるべき。豊田氏が改心したかどうかは分からないが、真摯に取り組んでいけば周りの人達も理解してくれるのではないかな?

暴言は事実だけど、マスコミが被害者から入手した一部「ハゲー」を使用して騒ぎ立てたことも事実、そこまでのプロセスには触れず被害者のミス等もあったのかもね、だいたい録音までするなんて、異常な行動で相当長い間継続的に録音されていたんだと思いますね、ま、すぎてしまった事、彼女も反省し、再度、チャレンジしているならそれはそれで良いかと、評価は他人がする事と割り切るしかないと思います

しょうがないのかもしれないですが、バッシングされ続けてよく耐えたと思います。
豊田さんの経験、知識を活かしてほしいと思います。
初めての挫折だったかもしれませんが、議員だった時より、丸みが出て好感が持てました。ある意味、坂上さんにイジられて楽になったのでは?
またチャンスがあれば、政治家の道もを考えてもよいのではないでしょうか?

「豊田真由子 異例」 終わりに

今回の記事では、「豊田真由子 異例」についての内容やネットの反応をお伝えしました。
元衆議院議員の豊田真由子氏が、新型コロナウイルスの専門家として解説して頂いてるのはとても助かると言って声が上がっています。
今後も豊田真由子氏に注目ですね。
それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。