バナナ消費増理由は?バナナ専門店が増えているのはなぜなのか?

近年、バナナの消費量は増加思考にあるようです。

またバナナの専門店が増えているようでバナナの需要はすごく高まっているようですね。

バナナは美味しいけど人気の理由はなんでだろ?

なぜこれほどまでバナナの需要が高まっているのでしょうか。

では、バナナ消費増の理由について一つづつ見ていきましょう。

バナナ消費増の理由は?

まずは、バナナ消費増の理由について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

同調査によれば、果実の国内需要の中でも生鮮用として消費される438万7000トンのうちの96万トン、つまり約20%程度がバナナとされている。日本で最も食べられている果物なのだ。その消費量の99.9%が輸入品であるにもかかわらず、バナナは「日本の国民食」と表現しても過言ではない状況だ。

それでは、現在、“バナナの世界”で何が起こっているのか? バナナを取り巻く現状を解説したいと思う。

バナナ専門店が増えている

まずは、驚くべき2つの現象をお伝えしたい。

1つ目は、バナナ専門店の増加だ。東京をはじめとして、関西や地方にも増えている。その中でも代表的な店舗を紹介したい。

東京・八丁堀にある「sonna banana(そんなバナナ)」では、賞味期限が20分のバナナジュースが注目を集めている。みなさんも経験があると思うが、バナナは皮をむくまでは日持ちするが、いざむいてしまうと、すぐに黒く変色し、味も変化する。意外とデリケートな果物である。そのバナナを最もおいしい状態で楽しませてくれるのがこのバナナジュース。なんとも言えない濃厚なジュースはバナナと牛乳以外、何も使用していない。牛乳の分量も、バナナそのものを味わってもらうため、最小限。ストローで吸うのも一苦労なほど、ぽってり濃厚なのである。まさに、バナナジュース専門店ならではの自信作である。

その他にも、「国産バナナ研究所」や「クラムスバナナ」など、バナナジュースの専門店が続々とオープンして人気となっている。昨今、バナナに限らず、専門店がブームとなっている。その背景は何だろうか。

“専門店化”とは、外食の世界では重要な差別化戦略といえる。外食業界は、中食・内食との戦いを強いられている。そんな状況で、あえて「外食する」という行為を選択してもらい、たくさんある中から自分のお店を選択してもらうには、わざわざそのお店に行ってでも食べたいと思えるメニューの存在が必要だ。“一点特化”の食材をPRすることで、明確なターゲット設定・明確なブランディングができる。また、そのお店でしか味わえないエッジの効いた逸品を提供することで、評判が評判を呼び、お店が繁盛するのである。「賞味期限20分」で、吸うのに一苦労するバナナジュースも、その代表格といえるだろう。

2つ目はバナナの高額化だ。

みなさんは、バナナの値段についてどんなイメージをお持ちだろうか。おそらく、3~5本がセットになった房で100~300円程度だろう。しかし、今、そのバナナの常識を覆すような、恐ろしいほどの高級バナナが出現しているのだ。

日本国内では生産が少ないため、その食べ方のアレンジはスイーツ、ドリンクが中心となっている。しかし、台湾、フィリピン、タイなどの生産国で、バナナはさまざまな食べ方をされているようだ。ウガンダのように主食の1つになっている国もある。完熟したバナナをそのまま食すだけではなく、まだ青いバナナに火を入れ加工するなど、日本ではなじみの薄いアレンジもある。グローバル化が進む昨今、食材だけではなく、多様な食文化やライフスタイルが輸入されている。バナナの食べ方も、「あっと驚くものが登場するのではないか?」と期待している。

やはりバナナの需要はすごく高まっているようですね。

バナナの専門店が東京にはたくさん出展されてるようです。

その中でも、わざわざ足を運んででも食べたいというバナナを使ったメニューを用意しているようで、人気が高いようです。

バナナの値段と言ったら100円から300円程度のイメージが強いと思いますがここ最近ですと高級バナナのようなものも販売されているようですね。

普通のバナナと比べれば相当味がおいしいのだと思いますが、日本人の食文化に溶け込んでいるバナナに今注目が集まっているのは確かなようです。

賞味期限20分のジュースが話題を呼んでいるようです。

【賞味期限20分】とんでもないバナナジュースが大流行してるらしい!!

バナナ消費増理由に世間の反応は?

さらに、バナナ消費増の理由についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

終わりに

今回は、バナナ消費増の理由についての内容や世間の反応をお伝えしました。

バナナの消費量が年々増えていると言うことで話題になっていました。

やはり手頃に帰るバナナしかも健康にめちゃくちゃ良い果物ですので人気が高まっても確かにおかしくありませんよね。

そのバナナをメニューに取り入れたバナナ専門店なども出店されており今後ますますバナナの消費量は増えてきそうな気がします。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。