種プロジェクト 賛同の輪!旅館の宿泊費の一部を前払い制度とは?

社会

「種プロジェクト 賛同の輪」が話題となっています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で宿泊施設が苦境に立たされている中、「種プロジェクト」に賛同の輪が広がってることが報じられ話題になっています。

いったいどのような制度なのでしょうか。

今回の記事では、「種プロジェクト 賛同の輪」についてまとめていきます。

種プロジェクト 賛同の輪!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に立たされている宿泊施設を支援する制度、「種プロジェクト」に、賛同の輪が広がってることが報じられています!

いったいどのような制度なのでしょうか。

それでは、「種プロジェクト 賛同の輪」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナウイルスの影響で苦境の宿泊施設を支援する「種プロジェクト」に、賛同の輪が広がっている。支援先のサポーターになり、将来の宿泊費の一部を前払いする民間の制度。全国から寄せられた善意の種が、施設の未来の花を咲かせる力になっている。

【写真】亀屋万年閣の若女将の柚木梨絵さん。種プロジェクトによる支援に感謝している=山形県米沢市

種プロジェクトを仕掛けるのは富山県氷見市の丹羽尚彦さん(51)。宿泊施設のホームページ制作や口コミサイトを運営している。

東日本大震災で被災した東北地方の宿泊施設を支援するために立ち上げたプロジェクト。当時は2年間で319人から約200万円の支援が集まった。ところが新型コロナの影響が広がった今年3月ごろ、宮城県の旧知の旅館経営者から「震災の時よりも(状況が)厳しい」との声を聞いた。4月上旬、丹羽さんはプロジェクトを再開した。

種プロジェクト 賛同の輪!旅館の宿泊費の一部を前払い制度とは?

「種プロジェクト」に、賛同の輪が広がっています。

旅館の宿泊費の一部を前払いする制度のようなのですが具体的にどのような施設が対象に入ってるのでしょうか。
そのあたりについてさらに詳しく見ていきましょう!

プロジェクトのホームページには、支援を受けたい施設が登録されている。北海道から沖縄まで約80カ所(5月12日時点)。草津温泉(群馬県)や下呂温泉(岐阜県)など全国屈指の名湯施設も含まれている。

施設ごとにスタッフや料理の写真、メッセージなどが添えられている。登録時の状態が3カ月続いた場合の、新型コロナが原因とみられる売り上げ減少額も紹介され、1億6500万円と推計しているところもある。

支援先を選んでサポーター(一口5千円から)になると、施設から「サポーター証書」が届けられる。支援金をそのまま「寄付」することもできるが、証書を示して3年以内に泊まれば、宿泊費から支援した分が差し引かれる仕組みだ。

引用:朝日新聞社

「種プロジェクト 賛同の輪」 ネットの反応は?

さらに、「種プロジェクト 賛同の輪」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

近所の焼肉屋が半額クーポン券(前払い)、期限無制限なるものを持って飛び込み営業に来た。3周年特別企画だと言われ安いと思って5万円買った。お酒も半額になると聞きウキウキしていたが1回も使うことなく店は閉店。ほぼ夜逃げだった。明らかに計画的で、今思い出してもムカムカする。今回の記事は全く関係ありませんし、そんなことはないでしょう。しかし、世の中にはやな奴もいると言うことです。

これあちこちでやってるけど借金だという自覚がなさすぎて怖い
いずれは返済しなきゃいけないものだし返済計画が向こうから強制される怖ろしいものだ
社会が平静を取り戻したら来る人みんな支援者で誰もお金を支払わないけどサービス提供はしなきゃいけない
支援者が殺到することによって一般客が抑制され現金収入が減り客が居るのに大赤字で倒産もありうる
寄付と思ってお金を出してる人は少数だと言う事はみんな覚悟したほうがいい

目先の運営資金を、というならやらないよりは良いのかもしれない
ただ、全額寄付する人達ばかりならよいが、でなければ、利益の先食いしているだけになる
三年後、コロナが終息して客も戻った時に、このツケが来なければ良いけどな

ニュースをみた時に感じた素直な感想は、確実性が無くてダメだなって。
だって3年以内の宿泊費って言ったって

そもそも3年後もその宿泊施設が存在しているか?
希望する宿泊日に何があっても(満室など)確実に宿泊させてもらえるのか?

など、ぱっと思い浮かべただけでもこれだけ出て来るから普及しないと思う。

これダメだってー。
飲食でも「サキめし」とかやってるけど、今お金が集まって危機を乗り越えられたとしても、実際コロナが落ち着いて来店した時には支払いがないからその日の売上がゼロになる。
3年先まで耐えられる保証もないし、潰れてしまうならお客さまに返金しないとおかしいし。
荒手のクラウドファンディングみたいな気がして私は嫌だな。

利益の先食いはその場凌ぎで結局苦しい気がする。
もちろん、何としてでも存続させたい気持ちが強いのは最もなんだけど。
飲食店も旅館もコロナによる不況はまだ底じゃないし、今後の事を考えると「生き残ること」から「最小限の損切り」に移行しそう。

本当に気に入っている店で、寄付のつもりで出すならいいと思う。

正直、いま資金がキツイからって無理やりあの手この手で集めても、
結局は問題の先送りでしかない。
旅館は、客室のキャパもあるから大幅に収入増も難しいし、結局数年後にキャッシュが足らないという問題は起こると思うが。

今は良くても
3年後大丈夫なのでしょうか?

色々問題出てきそう。

3年後、きちんと旅館が存続しているのか?
3年後、万一「やっぱキャンセル」とかなっても
対応してくれるのか…とか

これは短期ならok 長期なら経営破綻を招く。あとあと問題になる。

自治体のサポートがあればまだしも会社、個人でやるのは危険だよ。

確実に後日サービスが受けられるという担保は誰がしてくれるのでしょうか?
それまでに倒産とかあるかも。
最近善意に期待するプランが流行ってるけど、そうじゃない気がする。
行政が主導してるのもあるけど、最悪の場合保障してくれるなら考えてもいいかな。

「種プロジェクト 賛同の輪」 終わりに

今回の記事では、「種プロジェクト 賛同の輪」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で主に宿泊施設や旅館などそういった施設が苦境に立たされています。

そんな中「種プロジェクト」に、賛同の輪が広がっておりとても良い制度だったのでご紹介させていただきました。
是非皆さんも参加されてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民