在宅ナレーター 注目!YouTuberの音入れ副業はいくら稼げる?

社会

「在宅ナレーター 注目」が話題となっています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で在宅ワークが広がる中、今サラリーマンの副業として在宅ナレーターなブームを迎えているようです。

一体どれぐらい稼げるものなのでしょうか。

今回の記事では、「在宅ナレーター 注目」についてまとめていきます。

在宅ナレーター 注目!

今リモートワークが主流になりつつあるここ日本で、在宅ナレーターという業種が話題を呼んでいます。

どうやら YouTube などの広告のナレーションを行う仕事のようなのですが、一体どれぐらい稼げるものなのでしょうか。

それでは、「在宅ナレーター 注目」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 コロナ禍の外出規制によって動画コンテンツ投稿者が増えている。そんな中、動画でお金を稼ぐとなれば、自身のチャンネルを登録者数や再生時間を増やすことが必要だ。しかし、YouTuberのように自分のチャンネルはなくとも、依頼された動画や広告に声をあてる「在宅ナレーター」という職種が現在注目を集めている。スタジオで高価な機材を使い録音をしているかと思いきや、実は自宅で行なっている人も。テレワークに注目が集まる今、実際に「在宅ナレーター」をしている2人へ仕事内容やきっかけ、収入について聞いた。

■本業ナレーターからパート主婦まで…いつも見ているあの動画の声の主だった?

新型コロナウイルス感染拡大により、解雇や倒産などで収入減を案ずる声も相次いでいる。政府や各自治体では支援策を用意しているが、在宅で出来る仕事を探したり、未経験から新しいことにチャレンジしたいと思っている人など、個々での動きもみられる。

小学生のなりたい職業にも選ばれるYouTuberもその一つ。誰でも簡単に動画を配信できるため、一般人のみならず、芸能人や著名人も続々と参入している。そんな動画配信コンテンツの収入源でもある、動画内に流れる広告。流し見してしまうことも多いが、この動画広告こそ「在宅ナレーター」が担当した場合があるという。依頼された動画に自宅で音声を録音し納品している。

サラリーマンをしながら、元々の夢だったナレーター業を副業として在宅ではじめた明後日キララさん。クラウドソーシングサイトを使い仕事を受けたことをきっかけに、今では会社を辞めてフリーランスでナレーターやエンジニアなどの仕事を幅広く受けている。「実力者には敵わないと思い声の仕事を諦めていた」という明後日さんだったが、実績を積み重ねナレーターが本業の1つとなった。現在、在宅で一番多い案件は、YouTube広告の音声だという。

主婦が自分のスキルを活かし「在宅ナレーター」になるケースもある。7歳と3歳の母・むとうまきこさんは「夫の勤め先の都合で、転勤することになるかも…」と、転勤族の妻として何ができるのか悩み、自宅でナレーターを始めた。舞台での芝居経験があった彼女は、滑舌や表現力を存分に発揮。現在は平日の日中にフルタイムで会社員として働き、子どもが寝た後にWEBメディア内のドキュメンタリー番組や、企業案件をこなしている。

在宅ナレーター 注目!YouTuberの音入れ副業はいくら稼げる?

在宅ナレーターの需要が高まり普通のサラリーマンや主婦でもそれなりに練習すれば収入は得られるようですね。
一体在宅ナレーターはどれぐらい稼げるものなのでしょうか。

■初心者OK&スキマ時間にできるメリットも…気になる報酬は?
副業として「在宅ナレーター」になるには、機材をそろえなければならない。パソコンとマイクは必須だが、クライアントの要望に合わせてノイズを除去できる編集用ソフトが必要になることも。そうなると設備投資の面で初心者には難しそうだが、「最初は安いもの・フリーソフトでとりあえず始め、収入のめどがある程度たってから機材を充実させていきました」と、むとうさん。初期費用をあまりかけず、まず初めてみるという行動力も大切のようだ。

まったくツテのない状態で仕事を受けるには、まずクラウドソーシングサイトでナレーター案件を見つけて応募することが「在宅ナレーター」への近道だという。サイトを使えば初心者向け案件を探すことができる上に、報酬を確実に受け取れるのでトラブルが起こりにくい。手数料はかかってしまうが、仕事の実績がわかりやすく次の仕事にもつながるケースがある。

明後日さんが初めて受けた仕事は、海外の手品師の紹介動画で10分の音声が50円程度。むとうさんはLINE動画で1人2役を演じる仕事だった。最近では、クライアントから直で仕事をもらっていて報酬金額が30万円を超える月もあるそうだ。

「在宅ナレーター」のメリットは、「少し頑張れば誰でも始められるし案件も比較的取りやすい。自分のライフスタイルに合わせて仕事のボリュームや時間を調整できる」と明後日さん。むとうさんにデメリットを聞くと「誰でもできる案件はその分ライバルも多く、単価が低いところ」だという。スタジオ録音の案件と比べて宅録(自宅録音)は単価が低めで、いい仕事をこなすには機材への投資も必要となる。最初から大金が稼げると思わずに始める方が良さそうだ。

■コロナ禍でYouTubeコンテンツは増加 単価は低いがモチベーションは

コロナの影響もあり、参入者とともに動画コンテンツも比例して増加。本数が増えれば、その分「在宅ナレーター」への受注も集まっているという。クラウドソーシングサイトで単価の高い案件が出ると、家事や育児の合間で仕事をしたい主婦や、コロナで仕事時間が減った人などからの応募が殺到。ワーキングマザーのむとうさんも、仕事はコロナ禍前と比べて2倍ほど受けているそうだ。

価格帯や内容を選ばなければ、誰でも始められる「在宅ナレーター」。需要はあるが単価の幅もあり、仕事として続ける上でモチベーションを保つにはどうしているのだろうか。会社員であり2児の母、むとうさんは「声を出すことがストレス発散になるということと、やればやった分だけ報酬という見える形で返ってくるところはモチベーションにつながっています」と話す。日中の仕事を効率的に行ない、夜はナレーターの仕事に専念する、という生活のメリハリも生まれたという。

「自分の声が役に立っているという実感が私のエネルギー源です」と自信をのぞかせる明後日さん。脱サラし、目指した夢。「自分なんてナレーターになれるわけがない」とあきらめかけたこともあった。しかし、納品した際に技術や音質への評価の言葉が、次の仕事への活力につながっているという。一方で「有名な方も実際は他のお仕事も並行している場合がほとんどです」と、ナレーター業だけでの生活していく厳しさも教えてくれた。

最後に、今後の目標をたずねると「『とりあえずあいつに頼もうか』と言ってもらえるナレーターになりたい」(明後日さん)、「これまで通りお仕事をいただける状態を維持することと…これはおそらくスタジオ収録になりますが、テレビCMのナレーションを担当することが直近の目標です」(むとうさん)とそれぞれ語ってくれた。

始めてすぐには結果がでないもどかしさもあるが、自分のライフスタイルを保ちながら経験を積み、実績が報酬となりモチベーションにつながる“究極のテレワーク”でもある「在宅ナレーター」。自分の声が人気動画の合間から聞こえてくるかもしれないと思うと夢のある仕事だ。

「在宅ナレーター 注目」 ネットの反応は?

さらに、「在宅ナレーター 注目」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

副業やあきらめていた夢に再チャレンジ・・・っていう意味では共感持てるけど、でもやっぱり稼げるようになるにはそれなりにスキルも必要。もちろんはじめの一歩は行動力だけど、それ相当の技術や機材も必要になるはず。
そんなに成功体験ばかりできるとは思えない。

自分が見るYoutubeはナレーターがいないのばかりなので初耳。
むしろ、字幕とか色々編集の仕事のほうが需要が多そうだと思っていたが。

いわゆる「ゆっくり動画」と呼ばれる機械音声と静止映像のみで構成された動画が、youtubeでは収益化されずに廃止される流れを汲んだものだと思います。

将来のAIによるコンテンツ乱立を見込んでの処置でしょうが、動画に関しては芸能人が参入してきているため、それなりの「美声」もしくは「トーク力(りょく)」がないと再生回数が稼げない状況です。

youtubeのナレーションって変に良い声を出そうとして鼻にかけて喋ったりするのが多くて声だけで動画を見たくなくなる

最近よく見かけるのが、アニメ風の動画によるアフィリエイト広告。
「俺は○○24歳」とか「私は〇〇27歳のOL」とか設定は様々、中には「薄毛で非モテだった俺がお持ち帰り常連になったその方法とは!?」みたいな、より刺激的な始まり方をするのも多い。
展開としては、結局その商品を使う事でコンプレックスが解決しモテる様になったとか、綺麗になったみたいな陳腐な内容で、企業のホームページに誘導するという、サプリメントや育毛剤のアフィリエイト広告というもの。

あれも恐らくこういったナレーターに声は依頼していると思いますが、完全なフィクションをさも実話の様に宣伝しているのを見ると、詐欺としか思えない。
そしてそれが詐欺だとすると、こういったナレーションの仕事もその片棒を担いでいる様な気がして、あまり推奨する気にはなれません。
もちろんそういうナレーション以外は良いと思うので、内容によるので難しい所ですが。

気持ちの悪い素人のナレーションは聴きたくないね。
本人はちゃんとやってるつもりでも、まあ違和感ありあり。

プロの仕事はプロで。
副業でもプロならいいよ。

素人がちゃんとしたナレーションやるにはアクセントの勉強しなきゃね。

ただし、朗読とかで素人の雰囲気が生かせるのは別。

今後、どうなっていくのか、非常に興味があります。
プロの世界だと、テレビ番組のナレーションやアニメなどのアフレコを自宅で録るテレワーク方式は、機材の違いや環境の違いで音声なども変わることが明白で、検討もされなかったとのこと。映像があって、音声があって、とテレビなどの要素に近づけば近づくほど、足りない部分は見えやすくなる。そうした時に、クオリティの比較対象がネットからテレビになると、かかっている費用も青天井、新しい難しさが出てくると思います。
在宅ワークやユーチューバー関連の新しい分野になるのか、コロナが落ち着いたら消えていくのか、はたまたこういう仕事の担い手が実力のある人で固定化されていくのか(専門学校を出て実力はあるけど声の仕事が無い人もたくさんいる)、興味はある。

面白い仕事が出てきましたね。

私は病気で引退するまで、番組やCMの録音スタジオでエンジニア(ミキサー)をしていました。
ナレーターさんやアナウンサーさん、他にも声優さんや俳優さん芸人さんの声を収録するのも仕事の一つでした。

スタジオでは完全な防音空間(ブースと言います)での録音が当たり前でしたが、今ではそこまでのクオリティは必要ない仕事も多いようなので内容によってこういった仕事に枝分かれさせるのは理に適っているのでしょう。
自宅PCから音源をネットワークで簡単に飛ばせる環境が確立されたのも、良い結果を生んだのでしょうね。

自粛中に動画作ってみようと思って、ナレーションを頼むほどではないので自分は音声読み上げソフト買いましたが、この機会に見る側から作る側へって人も多いと思うし需要は確かに高まってそう
最近ではスキル販売系のサービスも多いから依頼するほうも受けるほうも手軽にできるし良いと思います。

学生時代、放送部にいた友人が本業の仕事とは別にナレーターをやっています。
自宅に電話ボックス大のブースを製作、内部を吸音材(スポンジ)で張り巡らし、持ち込むのは台本とストップウォッチと有線マイクを接続したボイスレコーダーだけ。
意外に簡単に設備関係は出来ているんだ~と感心しました。

「在宅ナレーター 注目」 終わりに

今回の記事では、「在宅ナレーター 注目」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルス感染拡大により世界中で働き方が変わっています。
やはり基本は家の中で出来る仕事がこれから主流になっていきそうですね。
それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民