麒麟がくる 越年覚悟で再開はいつ?エールや次回作はどうなる?

芸能

「麒麟がくる 越年覚悟」が話題となっています。

NHK の大河ドラマ麒麟がくるが当初の予定通り全44話で放送する方向で固まったことが報じられ話題となっています。

予定通りすべての作品を放送するというのはファンにとってはうれしいのではないでしょうか。

そうなると再開はいつになるのかも気になりますね。

今回の記事では、「麒麟がくる 越年覚悟」についてまとめていきます。

麒麟がくる 越年覚悟!

麒麟がくるが年越し覚悟で全44話を放送することが報じられ話題になっています。

すべての作品を放送するということが決定したことはファンにとっては嬉しいですよね!!

それでは、「麒麟がくる 越年覚悟」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 新型コロナウイルスの感染拡大で撮影休止中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)が、当初の予定通り全44話で放送する方向であることが19日、分かった。放送は6月7日の21話をもって一時休止。放送再開は8月下旬となる予定で、最終回が来年になることは決定的だ。視聴者の期待に応えるためにも、制作陣は越年覚悟で撮影再開を準備している。

収録は4月1日から休止中。再開については、緊急事態宣言が今月末に解除されることを前提に、早くても6月末になる予定。出演者からは「安全を期した上で撮影に万全の態勢で臨みたい」との声も上がっており、6月末から7月初旬の撮影に向けてロケ地などの調整に入る。

「このスケジュールでは撮り切れず年内で終わることは不可能。戦国時代ではないですけど、現場も戦乱のような目まぐるしい忙しさになるでしょうね」(スタッフ)。ただ、視聴者からの「話数を減らさないで」「最後まできっちり見たい」との要望も多く寄せられ、スタッフも「裏切ることはできない」と一致団結している。

一方、放送の中断期間が2カ月以上に及ぶことも判明。当初の東京五輪・パラリンピック期間に予定していた5週分を含めた10週分を休止する見込み。6月14日から見合わせるため、このプランでは再開は10週後の8月23日となる。ここから毎週1話ずつ放送すると、年内ギリギリまで放送しても40話まで。最終回を迎えるのは来年1月24日となる。

越年となれば、暦年制で放送する大河ドラマでは初めてのこと。次期作品の「青天を衝け」の開始時期にも影響を与えることは確実だ。そうした影響を最小限にするためにも、局側は1週で2話分放送する案や、年末年始に特番を組む案も検討している。同局関係者は、「視聴者に44話をしっかり見ていただけることが大前提で進めていく」と、話している。

麒麟がくる 越年覚悟で再開はいつ?エールや次回作はどうなる?

土曜スタジオパーク 大河ドラマ「麒麟がくる」川口春奈インタビュー!

どうやら一時休止状態にあった麒麟がくるの放送再開はどうやら8月下旬となる予定なのが判明しましたね。

まさしくこの状態ですと年を越してしまうのは覚悟の上と言ったところでしょうか。

もちろん次回作の「青天を衝け」放送時期もずれ込む事が予想され年末年始に特番を組む案も検討されているようですね。

またエールなどについてもこちらの記事でまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

次期朝ドラ 11月開始報道を調査!エールや麒麟の放送はどうなる?

「麒麟がくる 越年覚悟」 ネットの反応は?

さらに、「麒麟がくる 越年覚悟」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

良かった、良かった。
このままでは主役が道三で終わるとこやった。
今から存分に光秀に存在感を発揮して欲しい。

長谷川博己さん、めちゃくちゃかっこいいです。ぜひ最後まで予定通りしっかりお願いしたい。

勝手ながら、どうしても『国盗り物語』と比較しながら観ていました。知将光秀演じる長谷川博己さん、いいですねぇ。
ここに来て『麒麟がくる』独自の魅力がハッキリしてきて次週が楽しみでなりません。
本能寺、小栗栖の里の場面は、さぞ感動的でしょうね。ピンチはチャンス、最終回まで頑張って下さい。

ありがたい。全44話を完走してもらえるのはありがたい。欲を言えば50話でもいい。

これは嬉しいですね。
なんかオープニグから刺さるんですよ。
大河始まったなって感じるオープニグもとても好きです。

ストーリーも光秀を知らない角度から見れる感じがして本当に毎週楽しみです。間が空くのは残念ですが、それ以上にしっかりやってくれることが嬉しい。

ここへきてどんどん面白くなってきているところでの休止
本当に残念だけど、予定通り最後まで描いてくれるなら一安心
中断しようが越年しようが、面白ければ最後まで観ます

是非是非お願いしたい
44話と言わず50話でも60話でもしてほしい
今までなら流れは大事所を端折っている感もあったからじっくりみんなに話の流れが見える化でお願いします

これは朗報ですね。
「麒麟がくる」は面白く、とても楽しみに拝見しているので無事に完結されるようで良かったです。
あとはこの状況が少しでも早く、好転して撮影再開の流れになってほしいです。

これは素直に嬉しい!ありがとうございます!
色々と大変だろうけど、頑張ってください!

脚本が素晴らしい。
個人的には信長と道三が良い。
光安も良かった。

若干現在の風潮に合わせて来ているが脚本が良い。
太平記も再放送されているし。

「麒麟がくる 越年覚悟」 終わりに

今回の記事では、「麒麟がくる 越年覚悟」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

NHK の大河ドラマ麒麟がくるが年越し覚悟で全44話を放送することがわかりました。
これにはほっとしたファンも多いのではないでしょうか。
それではこうかこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。