あつ森 魔力的どハマり急増中!攻略本のネット通販(楽天)の購入方法!

社会

あつ森 魔力的どハマり急増中が話題になっているようです。

任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」の品薄が続いている中、「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」にドハマリ中の方が多く存在しているようですね!

Nintendo SWITCH とともになぜここまであつ森に没頭してしまうのでしょうか。

今回の記事では、あつ森 魔力についてまとめていきます。

あつ森 魔力的どハマり急増中!

Nintendo SWITCH のゲームソフトである「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」が大人気ですね。

なぜこのような人気が膨れ上がったのかその辺りについての流れが気になるところです。

それでは、あつ森 魔力について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

“巣ごもり需要”で、任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」の品薄が続いている。緊急事態宣言に伴い、多くのリアル店舗が営業を休止する中、ECサイトにアクセスが集中。

一部サイトは通常販売をやめ、抽選販売に移行。ところが、抽選の受け付け段階でサイトがダウンするなど、これまでに例を見ない過熱ぶりが続いている。ここまでの需要の原因と経緯を追うとともに、多くの県で緊急事態宣言が解除されるなか、今後の状況を探った。


2017年3月に発売されたニンテンドースイッチは、据え置き型ゲーム機でありながら、液晶ディスプレーを持ち、携帯型ゲーム機のように使えるのが特徴。

コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」だけを取り外して遊ぶこともでき、人気のフィットネスゲーム「リングフィット アドベンチャー」は、専用のリングコンとジョイコンを合体させて遊ぶ。また、ディスプレーとコントローラーが一体化し、携帯モードに特化した「ニンテンドースイッチライト」も2019年9月に発売された。

「ポケットモンスター ソード・シールド」で盛り上がった2019年の年末商戦を終え、従来であればゲーム業界は年度末のソフトラッシュまで小休止となるが、今年は状況が違った。

1月下旬から再びスイッチ本体の在庫が枯渇状態に陥ったのだ。複数の関係者によると、一人で複数台を購入しようとする“業者風”の客も増加したといい、中国での外出制限に伴う“巣ごもり需要”による需要増を指摘する関係者もいた。中国でもスイッチは正規販売されているが、正規版は対応ソフトが少ないため、割高でも並行輸入版の需要が高いという。

やがて、中国でのピークアウトが報じられるようになるが、過熱ぶりが収まることはなかった。「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」のテレビCMが流れ始めたころから、“業者風”の客は減少し、スイッチを買い求める客層が変わってきたという。

いざ発売されてSNSを中心に「あつ森」人気が盛り上がるにつれ、スイッチ本体はさらに“レア化”。4月の緊急事態宣言の発令で休業する販売店が増えたことで、ECサイトに需要が集中。それまで先着販売だったが、抽選販売に切り替えるサイトが続出するも、申し込み段階でサーバーがダウン。倍率も数百倍に上るなど過熱ぶりはとどまらなかった。

「あつ森」以降のこうした過熱ぶりの代表的な理由として挙げられるのが、「あつ森」のゲームシステムだ。島でのスローライフを楽しむゲームだが、作成できる島はゲームソフトではなく、本体1台につき一つ。同時プレーはできるものの、島を作ってしっかりゲームを楽しむには自分自身の本体が必要となるわけだ。

また、フリマアプリの存在を指摘する関係者も多い。もちろん純粋に転売目的で抽選販売にエントリーするユーザーもいるだろうが、仮に複数当たった時の“保険”としてのフリマアプリの存在が、複数サイトへのエントリーのハードルを下げているともいえる。

なお、スイッチ本体と同様に、品薄で抽選販売形式がとられていることも多い「リングフィット アドベンチャー」。コロナに伴う“巣ごもり需要”が報じられることが多いものの、コロナ禍前からそもそも人気で品薄だったことから、販売本数の面からは明白に“コロナだから需要増”とは言いにくい。もっとも、中国での生産や出荷の遅延が生じていることから、出荷減という意味ではコロナの影響があるといえるだろう。

今後は、多くの県で緊急事態宣言が解除され、“巣ごもり需要”も落ち着いていくとみられるが、これまでに例を見ないレベルまでエスカレートしている以上、スイッチの品薄状態が解消されるかはまだまだ不透明だといえる。店頭にスイッチ本体が並ぶ“かつての日常”にはもうしばらく時間がかかりそうだ。

【あつ森】いくつ知ってる? 無人島生活で役立つ17の豆知識【あつまれ どうぶつの森

あつ森 攻略本の購入方法(楽天)!

あつ森に魔力的どハマり急増中のあなたに朗報です。

「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の攻略本がネット通販の大手楽天で購入できるようです。

 

 

あつ森 魔力的どハマり急増中! ネットの反応は?

さらに、あつ森 魔力についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

筆者が、整理整頓を苦手として距離感も掴みにくい不器用な人間というところはわかったが、
普通はそんな人でも2〜3時間もやればコツは掴めるはず・・・

この有り様では、現実世界でも不満だらけで辛いだろうなぁ

作業と思うか遊びと思うか、って事かな?
私は遊んでるうちにローンも全額返済出来たし、坂も橋も作っちゃったし、住民の家も移動したりしてる上にカブで少し儲けてるからお金はあるし、マイルも貯まってる。
今は、住民の写真を貰うためにせっせとプレゼントしてり手紙書くのが日課。
あとは、フト思い立った時に街整備して、時々離島行って資材集めと新種集め。
化石とお金のなる木は朝のルーティーンで後はその日の気分で楽しんでます。
昨日、外に出た時に風で木の葉がさわさわと揺れてるのを見て「あつ森と同じだぁ」と思ってしまった笑。
それくらい、よく作られてるゲームだと思います。

初代からずっとやってきてるけど、まぁ道具が壊れるのは時代の流れとしてしょうがないけど、あの耐久値の低さは結構な苦痛だね
せめて金の道具が壊れないと言うならまだその下の道具のしょぼさは納得できるが…。
発売後1ヶ月でムシ出現率とかのバランス調整がされてるけど、道具の耐久値も修正して欲しいわ

そんなことはいいから、はやくローンのへんさいするんだなも。
つぎのローンけいやくをよういしといてやるだなも。

自分が上手くプレイできないから、出来なかった、不快になった部分だけを抽出して「僕頑張ってるのに全然楽しくない」自慢してるみたい。
とはいえ、所詮ゲームなので向き不向きはあると思うが、ここまで書いたならそれこそ「面白くないなら、やらなくていい」のでは?
楽しんでいるファンに失礼ではないか?

筆者はゲームに向いてない。少し練習すればできるようになることを、できないから楽しめないと決めつけるのは胆略的すぎないか?一番の原因は島やルールのせいではなくて自分の操作性が足りないせいだ

まあ、どこに楽しさを感じるかは人それぞれだしな。

自分はあつ森やマイクラみたいな自由に創造する系は楽しくないし、バトロワとかFPSとかも楽しくないけど、オンラインじゃないRPGとかパズルゲームが好きだったりする。

好きでやってる人に水差す記事はどうなのかな。

ただ下手なだけ。そして文句ばっかで何も考えてなさそう。キャラの正面のエリアを掘るんだなとかしばらくやってれば感覚わかると思うけどなあ。

バッタを捕るために必死だったみたいだけど捕まえたってたかが200ベル。海で死ぬほど釣れるスズキでさえ400ベルですよ?もっと売値の高くて捕りやすいのを探すとか、やれることいくらでもあるでしょうよ。

まあ元々このゲーム、「コミュニケーションゲーム」と初代の箱に書いてるし、島の住民や動物たちと会話もする気無いならほんとこのゲーム向いてないと思いますけどね。無理してやらんでももっと向いてるソフトはあるでしょうし。

指2本で労働の代替作業をしているだけなのにこんなに負の感情を維持できるなんて、余程働くことと借金にトラウマがある方なのでしょうか。
しかも今後も続けるとか、他人事ながらメンタルを心配してしまいます。

どのゲームにもいますよ
面白くないとする根拠が、自分が上手くできないってだけのひと。
それはそれで合わなかったということだからその人の主観では正しいけど、主語をでかくして語るのはやめてほしいよね

あつ森 魔力 終わりに

今回の記事では、あつ森 魔力的どハマり急増中!についての内容やネットの反応をお伝えしました。

「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」今や全世界中で大人気いいですね!

まるでこのような状態になるのがわかってたように仮想現実の世界が身近になってきていますよね!

今回の騒動をきっかけにどんどんテクノロジーが進化していきそうですよね。

社会
ブログ民