ファッションマスク 功罪とは?お洒落で人気!ネット通販で購入可能

社会

「ファッションマスク 功罪」が話題となっています。

今ファッションマスクが注目を集めているようです。

様々なブランドから全く無名の工場までファッション業界ではマスクの生産が広がっているようです。

今回の記事では、「ファッションマスク 功罪」についてまとめていきます。

ファッションマスク 功罪とは?

今マスク業界ではラグジュアリーブランドから無名の工場までファッションマスクの生産が広がっているようですね!

やはりマスクをつけるのが当たり前になった日常なのでできれば少しでもおしゃれなマスクを身につけたいと思う方も多いと思います。

それでは、「ファッションマスク 功罪」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

著名なラグジュアリーブランドから無名の縫製工場までファッション業界のマスク生産が広がっているが、医療関係者への無償提供からそれなりのプライスを付けた“ファッションマスク”のビジネスまで様々で、医療従事者の支援や感染防止という本来の目的から外れたものも見受けられる。

マスク不足もピークを過ぎようとする今、冷静に見直してみる必要があるのではないか。

ノブレス・オブリジュな社会貢献
コロナ・パンデミックに一早く向き合って、医療用の防護マスクや防護ガウン、消毒用アルコールジェルなどの生産に踏み出したのはラグジュアリービジネスだった。

ディオールやジパンシーのLVMHパヒューム&コスメティクスがアルコールジェルの生産で先鞭をつけ、同グループのルイ・ヴィトンは自社アトリエで医療用の防護マスクとガウンを、ディオールはベビー・ディオールのアトリエで防護マスクの生産を始めた。

ブルガリはハンドサニタイザーを、プラダは医療用防護服とマスクを、ケリングのサンローランやグッチも防護マスクや医療用防護服の生産を開始。シャネルも自社の職人たちを組織して防護マスクと防護服の生産を始めている。

これらはファッションデザインを訴求するものではなく医療用の品質基準に従った機能的なもので、市販商品にありがちなブランドのロゴなども入っておらず、すべて医療機関などに無償で寄付される。

ロックダウン休業の苦境にあっても機に乗じて商売にすることなく、ノブレス・オブリジュに徹しているのはブランド帝国のプライドなのだろう。

それに対して、我が国のファッションマスクは一部には苦し紛れの時流便乗が疑われるものもあり、機能性でも課題が指摘される。

ファッションマスクの「脆い防染機能」
不良品が続出して国民への給付が遅れたアベノマスクは「気休めだけの代物」との批判を浴びているが、ファッション業界が我先に売り出している“ファッションマスク”もデザイン先行で肝心の防染機能が心許ないという指摘がある。

一部には抗ウイルス加工を施したり高機能フィルターを内蔵するものもあるが、“ファッションマスク”の多くはアベノマスクと同様なマスクであり、防塵マスクとしての性能は高くないからだ。

マスクの防塵性能は米国規格/欧州規格/日本規格とそれぞれだが、3ミクロン防護のBFE規格/DS1規格のサージカルマスクは装着者からの飛沫拡散防止が主な役割で、エアロゾル化したウイルスから装着者を守るには0.1ミクロン防護のPFE規格/DS2規格の性能が必要だ。医療従事者用の米国規格N95マスクや中国規格KN95マスクなどが後者に相当する。

ドラッグストアなどで売られている三重構造の不織布サージカルマスクのほとんどは3ミクロン防護のBFE規格/DS1規格で、マスク不足に乗じて粗製乱造された中国製の“ナゾノマスク”など、その規格も満たしていないと疑われる。

残念ながら、ガーゼやジャージ、織物の布マスクの防護性能はBFE規格/DS1規格にも届かず、装着者からの飛沫拡散防止とて必ずしも十分とはいえない。ましてやコロナウイルスのエアロゾルを防ぐ性能など期待すべくもない。

アベノマスク同様、気休めでしかないと言ったら叱られるだろうか。ファッション性を主張するならバンダナやアフガンストールを巻いても良いわけで、それと五十歩百歩というファッションマスクが少なくない。

マスクは健康を守る衛生商品であり、コロナ・パンデミック下においては命を左右するかもしれず、ファッション性以前に最低限の防塵性能が担保されるべきではないか。ディオールやシャネルのシンプルなマスクが却ってエレガントに見えるのは邪心のない機能美の輝きなのだろう。
「便乗商法」は早々に行き詰まる
ラグジュアリービジネスの医療用マスクや防護服のほとんどが自社工場生産で、医療関係者などに無償で提供されるのに対し、我が国ファッション業界のサージカルマスクやファッションマスクはマスク不足の解消や原価での提供を謳うばかりで無償提供は例外的だ。

繰り返し使うファッションマスクは肌シャツより高価でTシャツ並みのプライスを付けたものもあり、ウイルス防御よりファッション性を訴求しているように見える。

デザインもディオールやシャネルのようにシンプルではなく、プレッピーだったりカジュアルだったりはともかく、レースをあしらったランジェリーメーカーのマスクは女性であっても公衆の面前では装着が憚られる。もちろんデザインの力でマスク装着を奨励したいしたいという想いもあるだろうが、ファッション業界の方々の『ファッションセンスを教えてあげる』感覚は時として一般消費者の感覚とはすれ違うようだ。

マスク不足の解消や原価提供を謳ったファッション業界のサージカルマスクは、中国製品の供給急回復や異分野大手企業の本格的製造進出などで近々に供給過剰に転じ、ナゾノマスク同様、値崩れして収益性も存在意義も失うだろう。

供給が潤沢になって価格が下がれば防染力の高い高品質マスクに需要が移り、機能が不十分で高価な布マスクは洗濯して繰り返し使用する煩わしさも疎まれ、いつの間にかマーケットから消えていくのではないか。

時流便乗という一面もあり、アイリスオーヤマやシャープなどのように事業の一角に育てるという長期展望があるわけでもないから、ファッション業界のマスクは需要の引き潮とともに泡と消えていくに違いない。“ファッション”とは所詮、そんなものなのだろう。

ファッションマスク 功罪とは?お洒落で人気!ネット通販で購入可能

今マスクは普段から身につける必需品となっている状態ですよね。

そんな中、普通のマスクとは一風変わったおしゃれなマスクや性能の高い便利なマスクなども様々発売されているようです。

ネット通販で購入できるものとなっておりとても便利のようですね!

 

 

 

 

 

 

 

「ファッションマスク 功罪」 ネットの反応は?

さらに、「ファッションマスク 功罪」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

それでも、感染拡大を少しは押さえることができる。
そうやって、マスクは意味がないみたいな記事を書くのはやめてもらいたい。
鵜呑みにした人が、周りの迷惑を考えずに、マスクなしで出歩く。

布製マスクは感染者であった場合、くしゃみや咳などをした際にウイルス拡散を軽減する効果はマスクを着けない場合に対し、かなりあると聞いたことがあるが。
また、布製マスクはサイズも大きくできるため、オーバーマスクとしての使い方も出来る。
さらにオシャレも楽しめればこの暗いニュースが続く状況下、少しでも光が射す気がしますが。

便乗商法としてネームバリューだけで高価なマスクを売っているブランドは論外として(これはこれで需要はあるのだろうから何とも言えない)、防御云々というよりエチケット用として手作りしている個人に対してとても失礼な記事だなぁ。
効果がロクにないことなんてみんな分かっている。
それでも、マスクなしでは他人の白い目が怖くて出歩けないし、お店に入ることすら許されない。
サージカルマスクがコロナ前の価格で売っているならともかく、あまりにアホらしい価格なのだから仕方なくないですか…。
それに、これからの季節、快適性を考えたら絶対に布マスクの方が上ですよ。
不快だからと外すようになったらそれこそ無意味なわけで。

たぶん、布製マスクを使っている人は、百も承知です。
仕事の時は、不織布のマスク、休みの日の短時間のお買い物は、布製マスクと使い分けています。

私は自分でマスクを作ってます。
サージカルマスクもお店で見かけるようになってきましたが、あえて買いません。
マスクが作れない人や医療関係者に回して欲しいからです。
布製マスクは「ないよりマシ」ぐらいなのは重々承知です。
でも毎日つけなきゃいけない生活になるなら、少しでも気分があがるものを使いたい。
だから、布製マスクを使います。

書いた人や一部の人には、ファッションマスクと言って揶揄するのは簡単で、面白いのかもしれないが、絶対つけなかった欧米人がマスクをする。この一歩は大きいと思う。
昨日の大阪は、電車などほとんど100%何らかのマスクしてたと家族に聞いた。現状認識を促す役割を持つし、高性能なサージカルを医療や介護現場に回す事もできる。デメリットなんかない。
洗って使えるマスクも夏用の涼しいもの、ノーズフィットを記憶するもの、日進月歩だ。
私はグンゼのマスクを買ってみたが、めちゃくちゃ肌に優しい。耳も痛くない。不織布に肌荒れする人にはおすすめ。

みんな分かって使い分けているんだから良いと思う。
使用目的によって不織布マスクと布製マスクを使い分ければ良いよね。
マスクをすることや距離感を持つことや公衆衛生を各自が持つ習慣は最低限必要な事だと思う。

不織布マスクが不足している期間、繊維メーカーやアパレル、雑貨メーカー等がそれぞれ創意工夫してマスクの生産をしたからこそそこそこマスクが行きわたる事に一定の割合で貢献したと思う。

選択肢の1つに現時点でなっているし、今後も雑貨アイテムの1分野として残ってもいいんじゃないかな。
繰り返し使えるし手頃な価格で購入出来るんだから手ぬぐいとか伝統的な染め物等の布を使ったマスクとか写真を見ていても素敵だと思うよ。

今はどんなマスクでもした方がいい。

少しでもリスクが減らせるなら、しないより断然良いと思う。もちろん入手出来るならサージカルマスクが良いかもしれないが、そうで無い場合は自家製布マスクでも十分。

そしてなによりも頻繁に手洗いです。

サージカルマスクをつけて肌が荒れる民としては布マスクのスタンダード化はものすごくありがたいです。効果については分かり切ったことを今さら何をって感じですし、周囲への配慮としてはつけないのとつけるのとでは雲泥の差だと思います。

そら、サージカルマスクが溢れているなら使いたい。サージカルマスクが溢れているなら、布マスクを使う人は減るだろう。

世界的な流行なので、コロナ前の価格でマスクが手に入るとは思ってないけど、コロナ前の品質のサージカルマスクが手に入らなくてはとてもサージカルマスクがあるからいいとは言えない。臭いとかゴムが切れるとか長さがおかしいとか使えないマスクの山積みを見て供給されていると言われても困る。

国産のマスクがいつでも買えるようになったら、布マスクは消えるかもしれないけどまだまだそんな状態にない。

市販布マスクでさえ結構売り切れ続出なのに何を言っているんだろう。サージカルマスクがないなら布マスクを使うしかない。
今の波は収まったけど、絶対に次の波も来る。とてもそれまでにまともなマスクが大量に供給されるとは思えない。まだまだ布マスクの需要はある。

「ファッションマスク 功罪」 終わりに

今回の記事では、「ファッションマスク 功罪」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新しい生活習慣の中でマスクをつけることが日常になっている今ファッションマスクがブームを呼んでいるようです。
マスク本来の性能を落とすことなく少しでも可愛いモノやおしゃれなモノを身につけたいと思う方もいらっしゃると思います。

そんな方々にファッションマスクがとても人気のようですね!

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民