加弥乃 アイドル時代がかわいい!クールな雰囲気とメガネ姿と比較!

芸能

加弥乃のアイドル時代が話題となっています。

NHK連続小説「エール」に出演している元AKB48のメンバーの加弥乃さんのクールな雰囲気とメガネ姿の秘書役に注目が集まってるようです。

話題の彼女ですが実はアイドル時代もめっちゃ可愛い事が判明しました。

今回の記事では、加弥乃のアイドル時代についてまとめていきます。

加弥乃 アイドル時代

加弥乃さんが今、NHKの連続テレビ小説「エール」に出演しその演技力から話題となっています。

驚いたのは彼女はもともとAKB48のメンバーだったんだそうです。

それでは、加弥乃のアイドル時代について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 NHK連続テレビ小説「エール」は窪田正孝と二階堂ふみ以外にも多数、注目を集めるキャストが揃う。その一人に、主人公・古山裕一(窪田)が契約したコロンブスレコードの杉山あかねを演じる加弥乃がいる。ディレクターの廿日市誉(古田新太)の秘書役で、クールな雰囲気とメガネ姿が印象的だ。AKB48の元メンバーであることも話題になっているが、在籍した時期はまだAKB48がさほどメジャーになっていない頃で、結果的に「元」の肩書に頼ることなく勝ち得た役と言える。

当時最年少でグループ加入、初の生誕祭も
加弥乃は1994年2月生まれ、現在26歳。AKB48のオープニングメンバーオーディションに合格し、2005年12月のAKB48劇場グランドオープンで増山加弥乃としてアイドルデビューしたときはまだ11歳の小学生だった。翌年2月10日の誕生日当日の劇場公演では加弥乃の12歳を祝ったが、これは同グループにおける「生誕祭」の始まりでもある。まったくのサプライズだったので、劇場内は観客含め本人のリアクションも、それはそれは嬉しそうで微笑ましいものだった。

1期生の中で最年少であると同時に、2歳から芸能活動を始めてすでに子役としてミュージカル「アニー」等に出演するなど一番の経験者でもあったので、立ち居振る舞いにそれなりに苦労を感じていた部分もある。フレッシュさが求められるアイドルグループにあって「そこそこできてしまう」子役臭があったので、プロデューサーの秋元康氏からはあまり評価されなかったのではないか。同僚であるメンバーたちからは「最年少」「聞ける相手」として可愛がられてはいたようだが、小学生である加弥乃から折井あゆみ、宇佐美友紀ら成人しているメンバーまでいる幅広い年齢層の中では、いろいろと大変だったことだろう。

当時を知る芸能関係者に話を聞くと、「グループの振付を担当していた夏まゆみさんのレッスンは熱心で帰りが夜になってしまうこともあり、お母様がよく送り迎えにきていましたよ。2007年、中学生のときグループを卒業し、芸能活動を休止した時期もあったようですが、いまこうして『エール』で注目されつつあるのを見ていると『継続は力なり』を実感させてくれるOGの一人ですね。これを機に、今の注目度プラスアルファで次につなげて欲しいです」と期待を込める。

秋葉原UDXで行われた1周年ライブで(2006年撮影:志和浩司)
実力で勝ち取った朝ドラ、これからに注目
「実力」で勝ち取った役を次につなげていくのもまた、「実力」だろう。現在の加弥乃を知る地上波放送局関係者は「20代という若さの割に大人というか、社交についてもしっかりしていると思います。3人姉弟の一番上で、必然的に『自分がしっかりしないと』という意識も強いのかもしれませんね」と話す。

「エール」出演は、朝ドラオーディション4度目の挑戦でモノにした。「元」が売りにならない時期にグループを卒業したため、「元」を売りにせず(売りにできず)現在に至っている加弥乃。引き続き、注目したい。

(写真と文:志和浩司)

加弥乃 アイドル時代がかわいい!クールな雰囲気とメガネ姿と比較!

加弥乃さんのAKB48のアイドル時代だった頃の写真です。

これはめちゃめちゃ可愛いですね。

AKB卒業がアクロバットも披露しています。

KAYANO Action Practice (AKB卒業生・加弥乃、まさかのアクロバット、アクション!)

今の秘書役と比べてみましょう。

どちらも雰囲気があってすごく素敵な女優さんですよね!

子役時代から活躍しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

増山加弥乃サイボーグ三次元マスク着用 #風邪予防 #増山加弥乃サイボーグ三次元マスク着用

Yoshinori Nisitani(@yoshinorinisitani)がシェアした投稿 –

加弥乃 アイドル時代 ネットの反応は?

さらに、加弥乃のアイドル時代についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

AKB時代はどちらかというと目立たない方だったけど卒業後は、努力し少しずつ成長して今努力の花が咲きそうになってきた。秋元康プロデュースグループにいたら今は、なかった。

たらこたらこたらこの初期CMの歌を歌ってたのはこの子。
CD出したのは違う人達。
これ残念だよね。
AKBに入らずだったらそれで有名になれたのにね。
でもこの子はAKB辞めた後も若き剛力彩芽を抑えてドラマ主演したりと実は推されてはいたんだよね。
ようやく陽の目浴びるところまで這い上がってきた感じですね。

AKBの黎明期にあたる初期メンバーとして
前田敦子や高橋みなみと一緒に劇場公演で活躍
していた加弥乃ちゃん

身長も低く年齢も10代前半で幼さがありながら
ダンスはカッコよかった

AKBが大規模になる前に残念ながら卒業して
しまったけど

大人になり可愛さはそのままに魅力的な女性に
なりましたね!
そしてなんと朝ドラに出てくれて嬉しいです!

かやのさんは昔から努力家さんというイメージがありました。苦労もあったでしょうが、また花開きそうですね。

にしてもほね組が懐かしい〜!小さい頃の娘たちと夢中になって踊りました。
板野さん…あの時は何故この子がアイドル??というくらい普通な感じの子だったのに、驚く程綺麗になりましたね! 私は小野さんが好きでした。

たらこ~たらこ~時代は次にたらこになった人達が紅白に出場し、AKBを卒業したらその年末にAKBが紅白出場と、何かと不遇の人だったけど花開いて良かったね

朝ドラでは、ひたすらツンとしているだけの役柄だから、これだけで演技力だとか、注目だとかを評価するのは早計。本人自体を悪くいう必要もないが、この手の記事は多分に俳優を売り込みたい事務所の思惑を感じる。

は元AKBを一つの看板にするタレントが多々いたけど、今はAKB側が話題の人に乗っかっていく時代になったのね

AKBのメンバー達はAKBの名前なんて利用しようと
なんて思っていない。
マスコミがAKBの名前を利用して記事を書きたいだけ。
AKBを卒業した子で芸能を続けている子たちはそれぞれが
頑張っているが誰も注目しない。
その頑張りが認められて注目されるようになった時、はじめてAKBという修飾語がついてくる。

平和な日本だから芸能、音楽、お笑い、ゲーム、スポーツなどの商売が成り立ち成功したら億万長者にもなれる。でもウィルスの様な災難や国難、戦争があれば他の職業に比べ仕事の目減りは極端。全てこれを理解承知して人生をあゆむ事、大事よ。私の祖国と比べてそう思います。

あの子が。
めちゃくちゃファンってわけじゃないけど、あっちゃん好きだからAKBを観てたから知ってるって言う程度。
やめちゃうなんてもったいないなって思ってた。
なんとなく惹き付けられる子やったから。
ドラマみてるのに気がつかなかった。
すごいね。
頑張れ~。

加弥乃 アイドル時代 終わりに

今回の記事では、加弥乃のアイドル時代についての内容やネットの反応をお伝えしました。

加弥乃さんが実はアイドルだったことが判明し話題となってます。

しかもアイドル時代の画像もめちゃめちゃ可愛いと第2期のようですね。

今後も加弥乃さんに注目していきたいと思います。

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民