大下容子アナ 目立たない力!エグゼクティブアナウンサーに昇進!?

芸能

「大下容子アナ 目立たない力」が話題となっています。

テレビ朝日女子アナ初の冠番組を持っている大下容子はなが役員待遇のエグゼクティブアナウンサーに昇進することが報じられ話題となっていますね。

現役の女子アナが役員待遇になるのはどうやら初の快挙のようです。

彼女にはやはり目立たない力が存在するようですね。その目立たない力とはどういうことなのでしょうか。

今回の記事では、「大下容子アナ 目立たない力」についてまとめていきます。

大下容子アナ エグゼクティブアナウンサーに昇進!

テレビ朝日女子アナ初の冠番組「大下容子ワイド!スクランブル」。

そこでアナウンサーを務める大下容子アナが役員待遇のエグゼクティブアナウンサーになったことが報じられ話題となっています。

それでは、「大下容子アナ 目立たない力」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 テレビ朝日女子アナ初の冠番組「大下容子ワイド!スクランブル」を持つ大下容子アナ(50)が、6月26日付で役員待遇の「エグゼクティブアナウンサー」に昇進することが決まった。

【写真】この記事の写真を見る

放送記者が解説する。

「現役女性アナが役員待遇になるのは同局初。他局の同世代女性アナの大半は辞めるかフリーに転身した。レギュラーを持つのは日テレの豊田順子アナ(54)くらいだが、役職はアナウンス部次長。今はフリーの有働由美子(51)がNHKに残っていたとしても、アナウンサーの最高位は部長クラス。冠番組を続けながらの役員待遇就任は快挙」

広島の開業医の家に生まれたが、「理科系は苦手」と慶大法学部に進学し、1993年、テレ朝に入社した大下。同期の丸川珠代・現参院議員(49)が目立つなか、サッカー番組などを担当。98年、昼の情報番組「ワイド!スクランブル」に起用され、頭角を現した。

「大和田獏や橋本大二郎のサポート役でしたが、決して目立たずメインを立てる。派手さはなく、最初から民放というよりNHKアナのような安定感があった。視聴者に主婦層の多い昼の番組には最適」(番組関係者)

冠番組に昇格したのも、彼女の貢献度からすれば自然だという。

「番組に22年携わり、午前10時台スタートの情報番組としては、『ひるおび!』(TBS)に次ぎ視聴率5%台を堅持している。大下の存在は大きい」(同前)

引用:週刊文春

大下容子アナ 目立たない力!エグゼクティブアナウンサーに昇進!?

大下容子アナが冠番組を持ちさらにはエグゼクティブアナウンサーにまでも承認したその力とは、「目立たない力」。

一体「目立たない力」とはどういったものなのでしょうか。そのあたりについてさらに詳しく見ていきましょう。

昇進の背景に大下アナの“目立たない力”
番組では芸能ニュースも扱うが、自身のスキャンダルは入局以来皆無。

「テレ朝の女子アナは芸能人との熱愛、結婚、フリー転身、果ては不倫とお騒がせ揃いだが、大下は恋の噂もなく、今も独身。3年前まで香取慎吾(43)とのコンビで土曜生放送の『SmaSTATION!!』も15年間担当。日曜以外は休みなしで、普段は殆ど家。スポーツ好きで、サッカーはベッカムファンを公言していたが、特にイケメン好きとも聞かない」(芸能記者)

冠番組を得た今も、決して存在感のある女子アナというわけではない。

「が、自分の高好感度の理由は、存在感より安定感にある、ということを知り抜いている。局内でも目立たないが悪く言う人もいない。

最近のテレ朝は『報道ステーション』のメインを古舘伊知郎から富川悠太アナに替えたように、“局アナ回帰”の潮流にある。経費節減に加え、個性の強いタレントMCで視聴率を取る時代が変わりつつあるということ。その路線の立役者である大下アナに、昇進という形で報いたとも言える」(前出・番組関係者)

“目立たない力”こそが出世の秘訣。

引用:週刊文春

「大下容子アナ 目立たない力」 ネットの反応は?

さらに、「大下容子アナ 目立たない力」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

大下アナはタレントのように振る舞わず
とても好感が持てます。
SmaSTATIONの最後の涙で人柄も好きになりました。

非常に優秀な方だと思います。
アナウンス力、人としての魅力、しっかりアナウンサーとしての立場をわきまえた立ち回りで、昨今の自分推しのアナウンサーが多い中、本当に素晴らしいアナウンサーだと思います。

普段は仕事で昼間のテレビ等、観ることはなかったのですが、昨今の御時世でワイドスクランブルを観るようになりました。

落ち着いて、原稿読みも上手いと思いますし、他局に無い安心感が好きです。
いつまでも頑張って欲しいと思います。

目立たないって言うより確かな実力があって前に出過ぎないから、アシスタントとして使いやすいから香取君とも獏さんとも長く同じコンビで続いてたんだよね。アラフィフになって冠番組が持てて重役待遇になったのは、女性キャリアの理想だよね。

こういう時代なんだね。水卜さんは日テレの社長、江藤さんはTBSの副社長を目指すと公言(まあ、半分ネタでしょうが)してるし。それにしても「目立たない」連発のこの記事、ずいぶん失礼だね。みんな大下さんは知ってるよ。

大下さん上手だし上品でいいですよね!
長年勤めていて局に必要な人が出世するに何も問題ないと思う。
急に違う役職で出世するよりも今のアナウンサーで役職着いた方が大下さんも嬉しいと思う

富川氏などとはと違って、自分の意見を主張しないスタンスがいいね。あくまで番組進行の差配に徹している。考えてみれば、司会者とはそういう存在で有ったはずですがね。

大下アナの若い頃、誰よりも努力しいた事を忘れてはならない。よく田原氏にも突っ込まれていましたよ。目立たない事より努力は報われると表現して欲しいですね。

ちょっと顔が売れると実力が伴わないのにすぐにフリーになる女子アナにはウンザリしているので、大下さんの番組は安心感を持って視ています。人柄が出てますよね。

みんな「大下さん」と
“さん”着けしてよぶ。
視聴者もファンも。

それこそが
彼女の人となりの表れだと思う。

「大下容子アナ 目立たない力」 終わりに

今回の記事では、「大下容子アナ 目立たない力」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

「目立たない力」とは特に目立ったスキャンダルもなくかといって存在感もないわけではないと言った特有のスキルのようですね。

確かに周りで出世してる人たちにはそういった力があるように思えます。これはとても勉強になりましたね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民