ドラフト 開催日変更検討で日時はいつになる?日本シリーズに時期も!

スポーツ

「ドラフト 開催日変更検討」が話題となっています。

プロ野球ドラフト会議の開催日変更を検討してることが報じられ話題となっているようです。

プロ野球の延期や再開など様々な変更が余儀なくされました。

そんな中でのドラフト会議の開催日変更は妥当だと思われますね。

今回の記事では、「ドラフト 開催日変更検討」についてまとめていきます。

ドラフト 開催日変更検討

プロ野球のドラフト会議の開催日変更が検討されているとことが報じられ話題になっているようです。

一体何時に変更されるのでしょうか。

それでは、「ドラフト 開催日変更検討」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナウイルスの余波で、プロ野球ドラフト会議の開催日変更が検討されていることが30日、分かった。今秋のドラフト会議は11月5日に予定されているが、新型コロナの感染拡大に伴う開幕延期と日程再編の影響で、同日にプロ野球の公式戦が組み込まれる可能性が浮上。今後は公式戦が行われない日を候補に、新たな開催日を模索していくとみられる。

近年、ドラフト会議は10月下旬に実施されてきたが、今季は東京五輪開催に伴う公式戦休止期間の設定などにより、例年より遅い11月5日に設定されていた。だが新型コロナの影響で、プロ野球の開幕が当初の3月20日から6月19日に延期。レギュラーシーズン120試合を目指すにあたり11月5日に公式戦が行われる見通しとなったため、ドラフトの日程変更を検討しているという。

日程を再編したプロ野球の日本シリーズ開幕日は11月21日。通例に従えばドラフトはシリーズ直前の11月19日前後が候補となるが、遅い時期の開催は学生の進路に影響が及ぶ可能性があるため、現実的ではないとの声もある。10月下旬から11月上旬で公式戦のない月曜日などを候補に、新たなドラフト開催日を検討していくことになりそうだ。

引用:報知新聞社

ドラフト 開催日変更検討で日時はいつになる?日本シリーズの時期も!

通常プロ野球のドラフト会議は日本シリーズ開幕日の食前が候補日となるようです。

日本シリーズ開幕日は11月21日。

遅い時期にドラフトを開催するのは学生たちの進路に影響が及ぶ可能性が出てくるため現実味がないといったところのようです。

そうなってくると10月下旬から11月下旬で公式戦を行わない月曜日などになるのではないかと想定されます。

現在のところはまだ決定はしておりません。

「ドラフト 開催日変更検討」 ネットの反応は?

さらに、「ドラフト 開催日変更検討」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

今年は選手はアピールの場がなく、球団は選手を見極める機会がない。
甲子園はもとより、大学野球も自粛されている中、ドラフト自体が成立するのだろうか。

通常ドラフトが行われていればプロに入れていたであろう子が、プロになれることを期待しているが、コロナがきっかけで社会全体が就職氷河期になっていくと思う。就職氷河期で苦労して、そのまま現在も苦労している人は沢山いる。夢を持った人が少しでも叶っていく社会であってほしい。

オリンピックは来年の開催さえも危ぶまれている。(ワクチンの開発、日本だけでなく海外でのコロナ鎮静化が課題)。
来年プロ野球が正常に運営できればよいが。各球団の経営状況はどうなるのだろうか。
米国ではマイナーリーグの選手の大量解雇という報道もあった。
プロ野球だけでなく。プロスポーツが厳しい状況であることは残念だ。

甲子園で活躍した選手は、前評判がそれほどでなくても上位で指名されたりする。
今年はそれはないが、スカウトはその選手が中学生あたりから追い続けていたりするので、今年はそのデータをもとに獲得することになるだろう。
甲子園のヒーローは、甲子園だからヒーローだったという場合もあるので、スカウトの長年の眼力でもいい選手が獲得出来ると思う。

1週間くらいなら影響ないと思いますけど、ただでさえ実戦の場が少なく見せ場が少ない選手たちは、先に進路を決めてしまうかも知れませんね。

3年生の1年で数いる候補レベルから上位レベルに化ける高校生は沢山いる
そういった選手のアピールの場がないことで進学に傾く高校生は多いだろうな
家庭の事情で野球は高校までとプロを諦める子もいるかもしれない

今年に関しては、活躍や査定の場がこれだけ限定されている。だから、ドラフトにかかる人数もおのずと少なくなる恐れがある。そこで、今年に限りドラフト後にドラフト外入団を復活させてはどうか。球団独自のトライアウトだったり、その方がプロを目指す道も広がるのでは。

今年に限っては、指名する側も指名される側も迷いがあるだろうから、「プロ志望届」は提出の義務なしに、昔のドラフトのように交渉するのもアリだと思う。

年末でもよい気がする。通常は年末バタバタしているだろうが今年は違う。カレンダーは気にせず来年の戦力を見たほうがいいと思う。とくに今年のデータは信用できないから。まだ昨年の活躍を参考にしたほうがまだいい。けど今年はスカウトの今までの実績や経験ないと難しいからなぁ。

一堂に集めては難しいかも知れないが、各都道府県の高野連がプロ志望、スポーツ推薦で大学進学希望の高校生を集め、プロのスカウト、大学の監督やコーチを招いて都道府県単位でトライアウトを実施すればいい。

「ドラフト 開催日変更検討」 終わりに

今回の記事では、「ドラフト 開催日変更検討」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

プロ野球のドラフト会議の開催日変更が検討されていることが報じられ話題となりました。

今年のドラフト会議は日本シリーズの直前という形にはならないかもしれませんね。

いずれにせよ10月11月の開催といった方向で考えられているようです。

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポーツ
ブログ民