栗塚旭 観音像寄贈の写真はこちら!今現在の年齢や若い頃の画像も!

芸能

「栗塚旭 観音像寄贈」が話題となっています。

俳優の栗塚旭さんが、新選組ゆかりの京都・壬生寺に御影石の観音像を寄贈したことが報じられ話題となっていますね。

いったいどのような観音像を寄贈されたのでしょうか。

今回の記事では、「栗塚旭 観音像寄贈」についてまとめていきます。

栗塚旭 観音像寄贈の写真はこちら!

俳優の栗塚旭さんが、新選組ゆかりの京都・壬生寺に御影石の観音像を寄贈したことが話題となっていますね。

どのような観音像なのかも気になります。

それでは、「栗塚旭 観音像寄贈」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 大ヒット時代劇ドラマ「新選組血風録」(1965年)、「燃えよ剣」(70年)の新選組副長・土方歳三役で一世を風靡した俳優・栗塚旭(83)が、このほど、新選組ゆかりの京都・壬生寺に御影石の観音像を寄贈した。

【観音像の画像】

ニヒルな土方役で一躍スターとなった栗塚は京都・哲学の道に約300坪の自宅を構えていた。その一角に、約50年前「土方役で多くの人を斬ったので、その供養に」と観音像を設置し、大切にしてきた。しかし、一昨年の台風で茶室はつぶれ、母屋も半壊したことから、同じ京都市内の北白川のビルに移住。思い出の品は新居に移したが、観音像はその大きさ故に、旧宅の庭に置いたままだった。

「観音様なので、いつまでもそのままにしておけない」と引っ越し以来、思い悩んでいた。そんな時、同寺で新選組の講演をする機会があり、住職に相談。とんとん拍子で寄贈が決まった。「土方を演じてきた私の観音様なので、壬生寺という場所に収めていただけたのは何より」と、栗塚も頬を緩める。

像は局長・近藤勇の遺髪塔や胸像、局長・芹沢鴨の墓のすぐ側に設置。栗塚も「コロナが収まり、また新選組のファンの方が壬生寺を訪れたときに、観音様も一緒にお参りしていただけたら」と呼びかけた。

4月に新曲「ただそれだけで/My Only Love」をリリースするなど、83歳の今も行動力は健在。「昔は主題歌を歌ったこともあるけど、新しい曲は数十年ぶり」と笑いつつ、見事な歌声も披露している。

引用:デイリースポーツ

栗塚旭 観音像寄贈の写真はこちら!今現在の年齢や若い頃の画像も!

土方歳三を演じて50年になる栗塚旭

栗塚旭さんは現在83歳ということですずがすごく若々しく見えますよね。

若さの秘訣はやはりチャレンジ精神や行動力なのでしょうか。

若い頃の画像はこちらになります。

「栗塚旭 観音像寄贈」 ネットの反応は?

さらに、「栗塚旭 観音像寄贈」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

1970年はテレビもカラーになり大阪万博と賑やかな3C時代と元気がよく人が活気に溢れていたな。燃えよ剣も人気ドラマで栗塚旭のニヒルさはうってつけの土方役だったが、近藤勇役の舟橋元も貫禄があり相乗効果で人気絶大だった。当時わしは20歳で彼は33歳で演じられていたんだな。もう栗塚さん知る世代は団塊の世代以上だな、写真で拝見すると当時よりも恰幅が良くお元気で何よりです。

モノクロの「新選組血風録」を最近DVDで観たけど、すごく良かった。土方と言えば栗塚旭、となったのも納得。何よりドラマ自体の脚本や演出が今の時代劇とは比べ物にならないレベルの高さだった。
初見なので、思い出補正ではないよ。

北白川ということは、金戒光明寺にもほど近いはず。
土方歳三も、ここで本陣を構えていた会津藩への用件でしばしば訪れていたのであろう。
昨日のNHKラジオ第一の「DJ日本史」で松平容保について取り上げていたが、栗塚氏も藩主で重い腰を上げながらも引き受けざるを得なかった容保と、「武士よりも武士らしく」と自他に峻厳な新選組副長としての姿勢に同じモノを感じた土方らにかなりの思い入れがある事を感じさせた良記事。

栗塚旭の土方歳三といえば島田順司の沖田総司でしょ!ドラマの後半で二人が今生の別れをする場面でバックに流れるリバーブがかかったストリングスが50年過ぎた今でも忘れられません。涙
当時はまだ録画する機械が無かったので 精神を集中して家族と見たのを思い出しますね。因みに
音楽はNHK大河ドラマでも有名な渡辺岳夫さんが作っていたのですね!感激です。 栗塚旭さんと島田順司さんいつまでもお元気で。

加藤剛などと並んでハンサムな時代劇スターだった。
今のようにあまりテレビでプライバシーを露出する時代ではなかったのでどういう人なのかなあと思っていました。観音様、壬生寺の安置されてよかったですね。今度お参りいたします。大勢の人に拝まれて供養されることが一番です。

『新選組血風録』上映会の懇親会で一度お話ししたことがありますが、画面の中のニヒルな土方とはまるで正反対の、とても気さくで明るい人柄だったので本当にビックリしてしまいました。
こちらが緊張してなかなか話せないでいるのをグイグイとリードしてくださったので、最後はとても雰囲気よくお話できてとても嬉しかったです。
いつまでもお元気でいてくださいね。

哲学の道沿いにある「喫茶若王子」でお見受けしました。素敵なマスター。
いつまでもご息災でありますよう…。
数年前CS時代劇チャンネルで「新選組血風録」を観ましたがやはりカッコいい。
若かりし赤影さん(山崎烝役)や福本清三さん、川谷拓三さん(各々薩長兵士役)も出られてましたね。

昔は栗塚旭の土方歳三のイメージが定着し、他の俳優さんが土方役をやりたがらなかったと聞きます。
まるでショーン・コネリーがジェームス・ボンドがはまり役で、そのイメージが強すぎて、他の仕事の依頼が来なかったのと同じですね。

栗塚サンが経営されてた喫茶店「若王子」でお会いしたとき、感激したなぁ。
お店が閉店したと聞いて心配してましたが、お元気そうで何よりです。

栗塚さん、島田順司さん、左右田一平さんのトリオが最高。

つい先日も「燃えよ剣」の再映画化に際し友人たちと「土方役には誰がよかったか?」という話になり、「大河の何某が一番」と言い張る若いのに栗塚さんの「燃えよ剣」を観せて黙らせました。

かつて栗塚さんに頂いた誠一字を添えたサインも大事にしています。

「栗塚旭 観音像寄贈」 終わりに

今回の記事では、「栗塚旭 観音像寄贈」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

俳優の栗塚旭さんが、新選組ゆかりの京都・壬生寺に御影石の観音像を寄贈したことが報じられ話題となりました。

若い頃の画像をもっとてもかっこよかったですが今現在もとってもダンディで素敵ですね。

今後も栗塚旭さんに注目です。

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民