三菱自動車の希望退職の対象者や場所と時期は?退職金はもらえる?

社会

大手自動車メーカー三菱自動車が国内で500人から600人規模の希望退職を募集することがわかりました。

希望退職の突然のニュースに驚いた方も多いと思います。

人数も500人から600人規模ということで大規模な希望退職の募集になりそうです。

今回の記事では三菱自動車の希望退職募集について見ていきたいと思います。

三菱自動車の希望退職募集のニュース

2020年9月25日に報じられた三菱自動車の希望退職募集のニュース。

やはり大手メーカーということでこのニュースが気になった方も多いと思います。

まずは報じられてた記事の内容を見てみましょう。

三菱自動車が11月中旬から国内で500~600人規模の希望退職を募集することが25日分かった。7月に策定した中期経営計画で固定費を2割以上削減する方針を示しており人件費を抑制して財務状態の改善を図る。新型コロナウイルス感染拡大による新車販売の不振が深刻で2021年3月期は3600億円の純損失を計上する見通し。リストラにより構造改革を急ぐ。

希望退職は本社や岡崎製作所(愛知県岡崎市)、水島製作所(岡山県倉敷市)などで働く45歳以上の管理職などの社員が対象。22年度までの経営計画では、希望退職や再配置、新卒の採用抑制などで人件費を削減する方針を掲げていた。

引用:共同通信

希望退職を募集する理由としては人件費を削って財務状態の改善を図ることが大きな理由のようです。

そのきっかけになったのはやはり新型コロナウイルスの感染拡大による新車販売の不振によるもののようですね。

やはり飲食、旅行業界だけではなくクルマ販売業界にも大きな影響を及ぼしているようです。

三菱自動車の希望退職の対象者や場所と時期は?

三菱自動車の希望退職について退職者や時期についても見ていきましょう。

記事の内容によれば、

【場所】
本社
岡崎製作所(愛知県岡崎市)
水島製作所(岡山県倉敷市)

【対象】
45歳以上の管理職などの社員

【時期】
11月中旬〜

三菱自動車の希望退職にネットの声!退職金はもらえる?

三菱自動車の他にも、

レオパレス1000人
ファミリーマート800人
ノーリツ600人
LIXIL400人
ラオックス400人
レナウン300人

などが上半期にリストラを発表しているようです。

三菱自動車の希望退職募集についてネットでも話題となっています。

ツイッターには退職金についての投稿もありました!

まとめ

今回の記事では大手自動車メーカー三菱自動車の希望退職についてみてきました。

この時期に大手自動車メーカーの希望退職500人から600人ということで驚いた方も多いと思います。

ですが自動車メーカーだけではなく今後益々大きな業種でこういった大きな規模の希望退職を募集する可能性も出て来るのでしょうか。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民

コメント