ヴァンヘイレンの死因(死亡原因)は病気?がんの病名(何癌)は?

芸能

世界的なハードロック界のギタリストであるエディ・ヴァン・ヘイレンさんがお亡くなりになったことがわかりました。

65歳でした。

アメリカのバンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)を率いたギタリストで、数々の名曲を世に送り出しています。

そんなギタリストの突然の別れに悲しみの声が広がっています。

本記事では、世界的ギタリストのヴァン・ヘイレンさんの訃報について見ていきたいと思います。

【訃報】ヴァン・ヘイレン(Van Halen)の死去のニュース

2020年10月7日、世界的なギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさんがお亡くなりになったことが報じられました。

突然の訃報に驚いた方も多いと思います。

まずは、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去のニュースについてみていきましょう。

【AFP=時事】(更新)ハードロック界を代表する米バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)を率いたギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)さんが6日、がんとの闘病の末、死去した。65歳。息子のウルフ(Wolf Van Halen)さんが発表した。

ウルフさんはツイッター(Twitter)への投稿で父エディさんの訃報を発表。「最高の父親だった。オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった」と追悼し、「この死から完全に立ち直れるとは思えない。本当に大好きだよ、パパ」とつづった。

オランダで生まれ、米カリフォルニア州で育ったヴァン・ヘイレンさんは1970年代、兄アレックス(Alex Van Halen)さんと共にヴァン・ヘイレンを結成。瞬く間に人気を集めた。代表曲には「悪魔のハイウェイ(Runnin’ with the Devil)」、ギターソロ曲の「暗闇の爆撃(Eruption)」などがある。【翻訳編集】

引用: AFPBB News

記事によれば、ヴァン・ヘイレンさんは生前がんと闘病生活を送っていたようです。

具体的な死因が記載されていなかったわけですが、闘病生活を送っていたことから癌が原因だと思われます。

ヴァン・ヘイレンの名曲:Jump(ジャンプ)

Van Halen – Jump (Official Music Video)

【ヴァン・ヘイレンのメンバー】

  • アレックス・ヴァン・ヘイレン
  • マイケル・アンソニー
  • ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン
  • エドワード・ヴァン・ヘイレン
  • ゲイリー・シェローン
  • サミー・ヘイガー
  • デイヴィッド・リー・ロス

ヴァンヘイレンの死因(死亡原因)は病気?がんの病名(何癌)は?

各メディアのニュースを見てもヴァン・ヘイレンさんの死因や癌についての詳細な記載はありませんでした。

そのことから、ヴァン・ヘイレンさんの癌は何癌だったのかというところが気になっている方も多いと思います。

海外メディアの情報を調べてみると、

「throat cancer」(咽頭癌)

との記載がありました。

どうやら闘病生活を10年以上にわたり2010年頃から咽頭癌と戦ってきたことがありました。

このことからヴァン・ヘイレンさんが患っていた癌は、

「throat cancer」(咽頭癌)だったようです。

ヴァンヘイレンの死去のニュース|世間の声

ハードロック界を牽引してきたヴァンヘイレンさんの訃報のニュースに世間の反応も見ていきましょう。

まとめ

今回の記事では、世界的ギタリストでハードロック界を牽引してきたヴァンヘイレンさんの今日のニュースについてみてきました。

ネット上では遠くの悲しみの声が寄せられていました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民

コメント