山下智久出演のハリウッド映画と海外ドラマのタイトルや役柄は何?

芸能

先月、10月31日付でジャニーズ事務所を退所した俳優で歌手の山下智久(山P)さんが、ハリウッド映画への出演オファーを受けていることがわかり話題となっています。

なんとその制作費が200億円の超大作なんだとか。

これはどんな映画になるのか凄く楽しみですよね!

今回の記事では、山下智久さんのハリウッドデビュー映画や海外ドラマへの出演について見ていきたいと思います。

山下智久ハリウッド映画や海外ドラマに出演予定報道!

2020年11月12日、山下智久さんのハリウッドデビュー映画オファーが世間の注目を集めています。

一体どのようなハリウッド映画なのか?気になりますよね。

まずは報じられた記事の内容を見てみましょう!

10月31日付でジャニーズ事務所と契約解除した俳優で歌手の山下智久(35)が出演オファーを受けて退所を決断するきっかけとなったハリウッド映画が、製作費200億円の超大作であることが11日、分かった。自身初のハリウッド映画への挑戦。海外志向が強いだけに、大きく背中を押された形となった。

 映画は米俳優ケビン・ハート(41)、ウディ・ハレルソン(59)らが出演するアクションコメディーで、先月中旬にカナダでクランクインした。年内に撮影を終えて、来年9月に全米で公開される予定だ。

 山下は女子高生モデルとの飲酒などの不祥事を理由に、8月から活動を自粛。その期間中に出演オファーを受けたのが今回の映画だ。自粛期間は年内いっぱいが見込まれ、事務所に在籍していると撮影に参加できないことから退所を決断した。映画関係者は「“オーディションを受けてみないか”という話ではなく、山下さん指名での出演オファーだった。だからこそ“この機会を逃すわけにはいかない”と考えたようだ」と明かした。

 オファーは米俳優ウィル・スミス(52)の日本活動をマネジメントする会社を通じて受けた。山下はウィルの息子の俳優ジェイン・スミス(22)と東京ガールズコレクションで共演するなど親交が深く、以前から同社と契約を結んでいた。拠点を海外に移してからは、同社のサポートを受けて活動していく見込みだ。

 山下は既にカナダ入り。関係者によると、新型コロナウイルス感染防止のため、入国後に必須とされる2週間の自己隔離期間が終わり次第、現場に合流する。来年1月には、出演する海外ドラマの撮影が日本で行われる。

引用:スポニチ

山下智久(山P)出演のハリウッド映画と海外ドラマのタイトルや役柄(役名)は何?

山下智久さんのハリウッドデビューには親友のウィルスミスさんが深く関わってるようですね!

山下智久さんが出演されるハリウッドデビュー映画の情報をまとめてみました。

  • 製作費200億円
  • ケビン・ハートとウディ・ハレルソが主演
  • アクションコメディー
  • カナダでクランクイン済み
  • 来年9月全米で公開予定 

やはりハリウッド映画だけあってかなりの超大作になることが分かりますよね。

さて気になるのはやはりその映画の「タイトル」です。

ケビン・ハートとウディ・ハレルソが主演する映画で、ネット上の情報を探してみたらこのようなタイトルが発見されました。

『スリー・ビルボード』(2017)『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)などで知られるウディ・ハレルソンが、『ジュマンジ』シリーズのケヴィン・ハート主演のアクション・コメディ映画『The Man From Toronto(原題)』に、降板したジェイソン・ステイサムの代役として出演することがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

ステイサムが本作を降板したのは、2020年3月3日のこと。製作を務める米ソニー・ピクチャーズとの創造上の相違が降板の理由だという。メインキャストの離脱により、約1ヶ月後に開始される撮影への影響が懸念されていた。

本作でハレルソンが演じることになるのは、世界で最も残虐な暗殺者の一人、通称 “トロントの男” 。Airbnbで出くわしたニューヨーク最大のしくじり男“テディ”(ハート)と、人違いによりチームを組まざるを得ない状況になり、世界を救う…という役どころだ。

監督を務めるのは『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)のパトリック・ヒューズ。製作・原案には『イコライザー』シリーズのジェイソン・ブルメンタルが就任し、脚本は『スマイル・アゲイン』(2012)のロビー・フォックスが担当する。

ハレルソンとソニー・ピクチャーズは、『ゾンビランド』シリーズや『ヴェノム』(2018)などでタッグを組んでおり、次回作として、ヴィランのカーネイジ/クレタス・キャサディ役で出演する『ヴェノム』続編(2020年10月2日米国公開)を控えている。

映画『The Man from Toronto(原題)』は、2020年11月20日に米国公開予定。

引用:https://theriver.jp/harrelson-joins-mft/

映画のタイトルは、『The Man from Toronto(原題)』

ただしこのタイトルはまだ仮のタイトル(原題)になっているようなので、実際のものは異なる可能性が高そうですね。

今のところ山下智久さんの出演については確認ができておりません。そのため役柄についても不明なままです。

また出演が決まってるという海外ドラマの情報もありませんでした。

新しい情報が入り次第随時追記していきたいと思います。

ネットの声

山下智久さんハリウッドデビューについてネットの反応も見てみましょう。

まとめ 

今回の記事ではジャニーズ事務所を退所した俳優の山下智久さんについてみてきました。

ジャニーズ退所、そして海外進出のきっかけとなったハリウッド映画への出演オファーは本当だったようです。

今後の山下智久さんの活躍が楽しみですね!

それでは今回はこの辺で最後までお読み頂きましてありがとうございました。

芸能
ブログ民

コメント