マイディーさん死因(死亡原因)は癌!ステージ末期の病気はいつから?

芸能

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の生みの親として知られる原作者のマイディーさんがお亡くなりになったことがわかりました。

マイディーさんは数年前から病気で入院し闘病中だったようです。

マイディーさんは何の病気(病名)を患っていたのでしょうか。

今回の記事では、マイディーさんの闘病について見ていきたいと思います。

【死亡】マイディーさん(光のお父さん)が死去!

2020年12月10日、『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の原作者として知られるマイディーさんがお亡くなりになったことがわかりました。

突然の別れに悲しみの声が広まっています。

まずは報じられて記事の内容を見てみましょう。 

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』として昨年に映画化もされた、ブログ「一撃確殺SS日記」内の『光のお父さん』原作者として知られるマイディーさんが亡くなった。10日、同映画の公式ツイッターなどで伝えられた。

 同アカウントでは「『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』シリーズの原作者・マイディー氏が逝去されました。光の戦士としてエオルゼアの世界を愛し、劇場版の制作・宣伝にもご尽力いただきました。心よりご冥福をお祈り致します」と追悼している。

 『光のお父さん』シリーズは、60歳を過ぎたゲーマーの父にオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』で親孝行するため、オンラインで素性を隠し親子で冒険を繰り広げるという内容。ブログ内の日記を原作にドラマ化・映画化・書籍化されるなど大きな注目を集めた。

 日記をつづったマイディーさんは、かねてより、がん闘病中であることをブログで公表していた。

引用:オリコン

マイディーさんはネットゲームの楽しさをブログ等で伝え、常にポジティブに姿勢から世界中の人に愛される方でした。

マイディーさんのおかげで『ファイナルファンタジーXIV』が世界中で注目されるようになりました。 

坂口健太郎、吉田鋼太郎「光のお父さん化計画」始動 映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』本編映像

この作品は、息子であることを隠して父親とオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』をプレイする親子の実話つづったもので、

マイディーさんの人気ブログが題材となっています。

マイディーさん死因(死亡原因)は癌!ステージ末期の病気はいつから?

マイディーさんの突然の訃報に驚いた方も多いと思います。

ニュースや報道の中ではマイディーさんの死因については公表はされていないようです。ですがマイディーさんは以前より病気を患っていたことが明らかになっています。

マイディーさんは病気で入院!癌はいつ発覚?病名は大腸癌だった…ガン余命は?

病名は癌で詳しく調べてみたところ「大腸癌」であることがわかりました。

現在のところ、マイディーさんの死因については公表されていません。

2018年の11月18日腹痛で緊急搬送されたマイディーさんはその翌朝に大腸癌を宣告されています。

医師によれば早期発見ではなかったようでステージはすでに2から3。

癌の転移によってはステージ4つまり末期にもなり得ると宣告されたようです。

そして、2020年11月15日、Youtubeの放送で余命が半年から一年であることをを宣言されました。

このことから死亡原因はおそらく大腸癌だったと想定されます。

ネットの声

マイディーさんの訃報の知らせにネットの反応を見てみましょう。

まとめ

今回の記事ではマイディーさんについてみてきました。

マイディーさんの作品に勇気をもらった方は世界中にたくさんいらっしゃると思います。

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』のこの物語は永遠に語り継がれていくと思います。 

マイディーさんのご冥福を心よりご冥福をお祈りいたします。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民

コメント