織田無道の死因(死亡原因)は何癌?ステージ末期の病気はいつから?

芸能

霊能力者やタレントとして多くのテレビ出演などで活躍した織田無道(おだむどう)さんがお亡くなりになったことがわかりました。

68歳でした。

織田無道さんは数年前から闘病生活を送られていたようです。

織田無道さんは一体どのような病気になっていたのでしょうか。

今回の記事では織田無道さんについて見ていきたいと思います。

【家系図】織田無道の妻(嫁)や子供(息子・娘)は?結婚や家族!

【訃報】織田無道さん死去

2020年12月11日、霊能力者として活躍した織田無道さんがお亡くなりになったことがわかり世間の注目を集めています。

テレビ出演なども多数されていたのでご存知の方も多いと思います。

霊能力者やタレントとして、90年代に多数のテレビ番組などで活躍した織田無道さんが、今月9日に亡くなっていたことが11日、分かった。68歳だった。ここ数年はがんで闘病中だった。13日に近親者のみで通夜を行う。

織田さんが住職を務めていた神奈川・円光寺は、日刊スポーツの取材に「既に一般人なので、コメントは差し控えさせていただきます」とした上で、織田さんが9日に亡くなったことを認め、「通夜は近親者のみで行います。コロナなので、(報道関係などの)皆さまにはご遠慮いただいております」と説明した。

引用: 日刊スポーツ

織田無道の死因(死亡原因)は何癌?ステージ末期の病気はいつから?

日刊スポーツの記事の内容によると、織田無道さんは12月9日にお亡くなりになってたことがわかりました。

織田無道さんはここ数年間、癌で闘病生活を送っていたようです。

織田無道の病名は末期ガン?病状は

【織田無道】余命を超えてガンを語る 《余命1年の住職》

病名は癌ということは公表されていますが何の癌に侵されていたとかは一切記載がありませんでした。

そこで過去のニュースを調べてみたところフライデーがこのように報じていました。

織田氏は現在、末期ガンと闘っている。大腸、直腸、肝臓、肺、胃など全身25ヵ所に転移。激しい痛みに悩まされることもあると言うが、往年の張りのある声と鋭い眼光は失っていない。怪僧・織田氏がガンとの壮絶な闘病を明かすーー。

「最初に異変に気づいたのは、2年前の3月です。右ヒザが痛むので、かかりつけの病院に行きました。血液まで取り診断しましたが『何ともない』とのこと。ただ、しばらくしても痛みは治りません。そこで6月に大学病院でレントゲンを撮りセカンドオピニオンを受けたら、医者が神妙な顔でこう話すんです。

『ガンが全身に広がっています。余命1年です』と。

引用:フライデー

フライデーの記事によると織田無道さんは末期の癌に侵されていて25箇所に転院していたたようです。

余命1年と宣告されていたようですね。

ネットの声

織田無道さんの突然の訃報にネットの声はこのようになっています。

まとめ

今回の記事では霊能力者として活躍した織田無道さんについてみてきました。

テレビなどで活躍した織田無道さんのあまりにも若すぎる別れに世間では悲しみの声が広がっています。

織田無道さんのご冥福を心よりお祈りいたします。 

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【家系図】織田無道の妻(嫁)や子供(息子・娘)は?結婚や家族!

芸能
ブログ民