箱根駅伝リアルタイム位置,順位,地図は今どこ?【2021中継動画】

スポーツ

第97回箱根駅伝2021が開催されています!

東京から箱根国間で107.5キロを走るこのレースに1区から大混戦となっています。

法大の鎌田航生選手(3年)が1時間3分2秒のトップでタスキを2区へ託しました。なんと法大は21年ぶりに1区で首位に立ったようです。

今後の現在地、速報マップライブ生中継など気になるところですよね!

こちらの記事では速報マップや生中継などについてご紹介します。

箱根駅伝リアルタイム位置,順位,地図は今どこ?【2021中継動画】

2021年1月2日に行われている箱根駅伝。

1区から非常に大混戦となっています!

最初の1キロは3分33秒というジョギングのような超スローペース。1キロ手前で、東海大の主将塩沢稀夕(4年)が集団を飛び出してペースアップした。そこに青学大吉田圭太(4年)らがついてレースはいったん動きだしたが、その後もペースは上がらない。全21チームが横に広がる集団走が続き、10キロの通過タイムは30分40秒という遅さだった。

11キロ過ぎから国学院大の藤木宏太(3年)が先頭に立ち、ペースを上げた。注目の1年生、順大の三浦龍司は落ち着いた様子で走った。

六郷橋を渡る18キロすぎから法大の鎌田が先頭に立つ。東海大の塩沢、早大の井川龍人(2年)、青学大の吉田圭太(4年)らが追う。そのまま鎌田が20キロすぎで抜け出した。

1位の法大を追い、東海大、創価大、神奈川大、早大、青学大が続いた。

こちらの日テレ特設サイトでは、ランナーが「今どこを走っているのか」リアルタイムで確認できます。

速報マップ

速報マップとなってますのでお目当てのランナーを追跡することができる便利なサイトとなっています。

箱根駅伝2021今どこ?速報マップランナー追跡リアルタイムAI順位予想!

出かけ先などでやはり選手たちを動画で見たいという方も多いと思います。

テレビがなくてもYouTube動画を見れば手持ちのスマートフォンで視聴する事が可能となっています。

こちらが箱根駅伝2021のリアルタイムAI順位タイム予想チャンネルになります。

【第97回箱根駅伝2021ライブ配信】速報マップとリアルタイムAI順位タイム予想

箱根駅伝のネットの声

箱根駅伝2021のネットの声や反応を見てみましょう。 

各々応援する大学選手についてみなさんかなり熱く語っていますね!

今回のレース誰が一体記録を叩き出しどの大学が優勝するのでしょうか。

最後まで目が離せませんね。

スポーツ
ブログ民

コメント