福岡県コロナ感染者名簿が流出?氏名・住所一覧!個人情報の漏洩か…

社会

2021年1月6日、福岡県が管理している新型コロナウイルス感染患者の住所や氏名などの数千人分の個人情報がインターネットに公開されていたことがわかりました。

数千人分の氏名と住所が漏洩していたということでかなりの数のようです。

なぜこのような事態になっていたのでしょうか。

今回の記事では、福岡県のコロナ感染者名簿流出について見ていきたいと思います。

福岡県コロナ感染者名簿流出!?個人情報が漏洩か…

福岡県管理のコロナ陽性者情報 氏名・住所など数千人分が流出

福岡県が管理していた新型コロナウイルス感染患者の個人情報が流出したことがわかり世間の注目を集めています。

一体、個人情報の漏洩とはどのような形で起きてしまったのでしょうか。

まずは報じられた記事の内容を見てみましょう。

 福岡県が管理する新型コロナ患者の住所や名前などの個人情報が、少なくとも数千人分、1か月あまりにわたってインターネットに公開されていたことが分かりました。

 公開されていたのは、福岡県が作成した複数の内部文書です。この中には流行が始まった去年から今月初旬までの間に新型コロナの検査で陽性だった少なくとも数千人の名前や年齢、住所、それに詳しい症状などの個人情報が含まれています。

 去年11月末に福岡県外に住む関係のない男性の元に内部文書が送られてきたことをきっかけに、患者の情報がネット上で公開されていることが分かりました。

 男性は福岡県に連絡し、セキュリティ対策をとるよう求めたものの、6日まで1か月あまりの間、第三者がアクセスできる状況が続きました。

 「11月30日からきょうまで、ずっとほったらかしになっているって、いくらなんでもおかしいし、アドレスを知っていれば誰でもアクセスできる状態になっているのがそもそもおかしいし、一般の方も見ちゃっているのかさえも、もう分からないみたいな」(内部文書が送られてきた人)

 「いや、全然・・・全く聞いてない」(福岡県 小川洋知事)

 福岡県はJNNの取材を受けて、これらのファイルをネット上から削除。「事実関係を確認中」と話しています。

福岡県コロナ感染者名簿が流出?氏名・住所一覧!個人情報の漏洩か…

記事の内容によれば流出してしまったのは福岡県が作成した複数の内部文書のようです。

その内部文書の中には、

流行が始まった2020年から2021年初旬までの間に新型コロナの検査で陽性だったら少なくとも数千人の個人情報のようです。

流出した数千人分の個人情報の中身は、

  • 名前
  • 年齢
  • 住所

その他詳しい病状などの個人情報が含まれていたようです。

個人情報の流出に気づいたきっかけは、

昨年の11月末に福岡県内に住む関係のない男性のもとに内部文書が送られてきたことのようです。

そして問題なのは、その男性が福岡県に連絡しセキュリティ対策を取るよう求めたものの今月の6日までの一か月あまり対応がされていなかったということのようです。

つまりインターネットで個人情報を見れるような状態が1ヶ月も続いていたことになります。 

もはや誰にでも感染の可能性がある新型コロナウイルスですが、感染してしまった人達への誹謗中傷というのも実際にあるようですし、

特に地方の方だと大きな影響や感染していない家族や親戚にまで風評被害なども追ってしまう方もいるかもしれません。

福岡コロナ感染者名簿流出にネットの声は?

福岡県のコロナ感染者名簿流出についてネットの反応を見てみましょう。

まとめ

今回の記事では、福岡県のコロナ感染者名簿流出について見てきました。

流出してしまった数千人分の個人情報の漏洩による二次被害などが心配されます。

果たして、なぜこのような事態になってしまったのでしょうか。

今後何か新しい続報が入り次第随時追記していきたいと思います。

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

社会
ブログ民

コメント