【画像】綿引勝彦の病気(死因)はすい癌!若い頃,現在,似てる芸能人も

芸能

TBSで放送されたドラマ「天までとどけ」のお父さん役などで知られる俳優の綿引勝彦(わたびきかつひこ)さんがお亡くなりになったことがわかり世間の注目を集めています。

年齢は75歳でした。

子だくさん一家を描いた家族ドラマ「天までとどけ」では女優の岡江久美子さんと夫婦役で知られていますね!

また鬼平犯科帳の五郎蔵役もはまり役でしられていますね。

岡江久美子さんも昨年亡くなったばかりです。

綿引勝彦さんの死亡原因は何なのでしょうか。

今回の記事では、俳優の綿引勝彦さんについて見ていきたいと思います。

【死去】俳優・綿引勝彦(わたびきかつひこ)さん訃報のニュース

2021年1月13日、俳優の綿引勝彦さんがお亡くなりになったことが報じられ悲しみの声が広まっています。

まずは綿引勝彦さん死去のニュースについて見てみましょう。

子だくさん一家を描いたTBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズの父親役などで知られた俳優の綿引勝彦(わたびき・かつひこ)さんが昨年12月30日に膵臓がんのため亡くなっていたことが13日、分かった。東京都出身。綿引さんが代表を務めた「綿帽子」が明らかにした。葬儀は近親者のみで執り行われ、喪主は夫人で女優の樫山文枝(79)が務めたという。

 綿引さんは2018年8月、膵臓内の嚢(のう)胞を取り除く手術を行った際に進行性のがん細胞が見つかった。翌19年12月には肺へ移転。昨年2月から本格的な化学療法がスタートし、厳しい副作用に耐えてきたが寛解に至らず、同11月には積極的な治療は打ち切られたという。その後は、副作用から解放され、自宅で穏やかな療養を続けた。しかし、同12月25日未明に容体が急変し再入院。そのまま息を引き取ったという。

 綿引さんは1965年に劇団民藝に入団し、数多くの舞台に出演して85年に退団。その後は舞台のみならず、ドラマや映画でも活躍し、こわもてから優しい父親役まで幅広く演じた。「天までとどけ」シリーズのほか、代表作にフジテレビ「新ナニワ金融道」、映画「極道の妻たち」などがある。

綿引勝彦さんの鬼平犯科帳の五郎蔵役はとても人気がありました。

NHK大河ドラマ 鬼平犯科帳 第1シリーズ 第09話「兇賊」

【画像】綿引勝彦の病気(死因)はすい癌!若い頃,現在,似てる芸能人も

綿引勝彦さんの死因は何だったんでしょうか。

また若い頃と現在の姿や似てる芸能人なども気になります。

それでは一つ一つ見ていきましょう。

【画像】綿引勝彦の死因(死亡原因)は膵臓癌(すい臓がん)

綿引勝彦さんの死因はがんと報じられています。

元の名前は、膵臓がんのようです。

がん細胞が見つかったのは膵臓内の嚢(のう)胞を取り除く手術を行った際で、その後肺へと移転したようです。

化学療法をはじめましたが副作用が出ていたようです。

一度は入院したものの回復しここ数年は自宅療養をされていたようですね。

ですが去年の12月25日に業態が末期に急変し再入院されていたようです。

【画像】綿引勝彦の若い頃と現在の顔写真!似てる芸能人は國村隼!

綿引勝彦さん下積み時代が長く年齢を重ねてからドラマに出ていた印象が強い方も多いのではないでしょうか。

天までとどけ八鬼平犯科帳などですね!

こちらが綿引勝彦さんの若い頃の画像と現在の画像です。

またよく似ている芸能人として俳優の國村隼さんがあげられますね。

こちらが國村隼さんです。

二人はよく兄弟と間違えられるようですが兄弟ではありません。

【家族】綿引勝彦の子供(息子,娘)は?妻は樫山文枝で國村隼は兄弟?

みんなの声

綿引勝彦さん死去にネットでは悲しみの声が上がっています。

大滝の五郎蔵…好きだった!渋かった!格好良かった!!
五郎蔵親分!ご冥福を祈ります!!

驚きました。
「鬼平犯科帳」での五郎蔵役が好きだった。とても味のある方でした。

どうか安らかにお眠り下さい。

「鬼平」ファンにとっては、綿引さんはなんと言っても「五郎蔵親分」です。嗚呼、ついに。彦十(先代江戸屋猫八師匠、長門裕之さん)、粂八(蟹江敬三さん)、佐嶋与力(高橋悦史さん)など、多くの方々が既に他界されています。もう、吉右衛門版の鬼平は再結集はないのか、と思うと悲しくてなりません。おまささんの悲しい顔が目に浮かびます。合掌。

本職もびびるくらいの迫力で凄みがある演技だった。鬼平犯科帳の鬼平配下のリーダーだった演技が好きだった。こういう俳優さんがいなくなるのはは寂しいかぎりだ。劇団出身者は演技が上手い俳優さんが多いね。ドラマは脇役が上手くないと面白くないからね。

天まで届け長期休み中に毎日楽しみに観ていました。
偶然にしても父役、母役共に旅立ってしまうとは何だかやり切れません。
とても優しく大きな心を持った深みのある役者さんでした。
また会う日まで。。。。合掌。

以前、『鬼平』のイベントで蟹江氏綿引氏の密偵2TOP対談を観覧させていただいた。
綿引氏はとても低い、良く響く声で、ダンディにお話をしていらした記憶がある。
本当に大好きな俳優だった。
今では鬼平密偵の多くが鬼籍に入られてしまった。向こうで軍鶏を肴に酒を酌み交わしておられると思えば、少しは哀しさも薄れるというものか。
ご冥福をお祈りします。合掌

子供の頃「天まで届け」を観ていました。
子供が多く賑やかな家族。その両親である綿引さんと岡江さんが大好きでした。
撮影終了後も家族やスタッフと定期的に同窓会をしていたと聞きます。
お父さんとお母さんを一年で亡くしてしまうなんて。
でもお辛い闘病生活だった事でしょう。
最期はご自宅で過ごされたとか。
今は痛みから解放されました。
天国から後輩役者たちを見守ってあげて下さい。

この方の悪役は子ども心に本当に怖かった。
役者人生の後半は人情味溢れる役が似合ってました。
「悪役が似合う人はどのような役でもこなせる」と思いました。
合掌!

これはショックだ…。
「天までとどけ」を思い出す方も多いだろうが、「鬼平犯科帳」の大滝の五郎蔵も素晴らしかった。

なんかとても寂しいです。自分が若い頃に活躍されていた俳優さんが、亡くなられるのは残念です。時代劇の悪役や刑事役や色々な役を演じる素晴らしい俳優さんでした。色々な人達の思い出に何時迄も残ってます。お疲れ様でした。ありがとうございました。御冥福をお祈りします。

まとめ

今回の記事では綿引勝彦さんを取り上げました。

女優の岡江久美子さんがお亡くなりになったばかりということで、天までとどけではご夫婦役。

ドラマで活躍された役者さんの訃報が立て続けとなり、悲しみの声が広がっています。

心よりご冥福をお祈りいたします。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民

コメント