桑子真帆アナの不倫デートの相手は誰?30代男性Aの名前や顔画像!

芸能

2021年1月19日、週刊FLASHが桑子真帆アナの不倫デートを報じ話題となっています。

不倫デートのお相手は30代男性Aさん。

東京外国語大学の先輩と後輩の仲で、どうやら大学時代に深い関係を持った人物のようです。

この30代男性Aさんは誰でどのような人物なのでしょうか。

今回の記事では桑子真帆アナの不倫デートについてみていきましょう。

桑子真帆アナの不倫デート報道!

2019年1月19日、桑子真帆アナの不倫デートが話題となっています。

桑子真帆アナと言えば、2017年に「就職活動中に知り合った」というフジテレビの谷岡慎一アナと結婚しています。

ですが、2018年にスピード離婚していますね!

そんな彼女の就活活動中にということは、今回の不倫デートも同じ大学時代で知り合ったということですよね。

どんな内容なのか記事を見てみましょう。

「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” 関係でした。僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」

 30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。

「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)

 そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。

「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)

 女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。

「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」

 だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。

「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。

 私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」

 桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。

「男選びは、とにかくビジュアル重視。『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。

 交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」

引用:週刊FLASH

桑子真帆アナのファンにとっては悲鳴を上げるような内容ですね。

桑子真帆アナと関係のあったとされる30代男性Aさん。

今頃になってこのようなインタビューを受けた30代男性Aさんはどのような人物なのでしょうか。

桑子真帆アナの不倫デートの相手は誰?30代男性Aの名前や顔画像!

週刊FLASHの記事より30代男性Aさんの特徴と桑子アナとの別れについてまとめてみました。

 当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。なぜ、そんなにモテたのか。

「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」  大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。

「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」  最初の配属先は、長野放送局。当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。

「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。

 同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」  そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。

「彼女が地方局に勤務していたころは、数カ月に一度、私が彼女のマンションに行く形で会っていました。彼女が自宅のベッドのマットレスを替えたとき、古いマットレスを捨てずに、なぜかベランダに放置していたことを覚えています」(Aさん、以下同)

 桑子アナは2015年に東京アナウンス室に異動になり、『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢される。 「すぐにタモリさんの著書を購入して、研究していました。人気が出ても天狗になることはなく、地道に努力を続けていました。そういうところでは、尊敬できる存在なんです」

 桑子アナにとって、ある時期までのAさんは、なんでも話せる気の置けない存在だったに違いない。だが、日本中の誰もが知る存在に彼女は成長した。いつしか、Aさんの存在が疎ましくなったのか――。 「彼女が東京に異動してからも、しばらくは会っていましたが、あるとき電話してみると、いつの間にか着信拒否されていました。LINEもブロックされていて、それ以降はいっさい連絡を取っていません。

なんの前ぶれもなく、突然捨てられたんです」  2017年、桑子アナは「就職活動中に知り合った」というフジテレビの谷岡慎一アナと結婚したが、2018年にスピード離婚しているのは、ご存じのとおり。

NHKに桑子アナとAさんとの関係について問うと、「個別の職員に関することはお答えしていません」と回答があった。  現在Aさんは家庭を持ち、2020年の『紅白』は家族で観たそうだ。

引用:週刊FLASH

  • 一般企業に就職していたAさん
  • 2人の関係は社会人になってからも続いていた
  • いつの間にか着信拒否
  • LINEもブロック
  • なんの前ぶれもなく突然捨てられた

こちらがその時の交際相手とのプリクラ写真になります。

当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラ↓


出典元:週刊FLASH

記事によれば、3股交際もしていたということなので桑子アナは相当なやり手ですよね。

そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがあります。

みんなの反応

桑子真帆アナの不倫デート報道についてネットの反応も見てみましょう。

 

こんな雑誌に売るなら、自分も顔出し 実名だせよ

今更女々しい男だな。

この男性自身も、今の時代にこんなことしてノーリスクだと思っているのでしょうか。
あなた家族に影響が及んだあとになっても文句言えませんよ。

昔のことを持ち込み
自分は顔を出さず、、、
彼女の活躍や現在彼氏がいることが
悔しくてなのでしょうかね
そして自分は今家庭がある、、、
で、結局なにがしたいのか、、、
女々しい男の子だね

リベンジポルノ的な?これ、言う方も載せる方も犯罪だよね⁈当時お互い結婚してないし、彼女問題ないよね。捨てられた腹いせ。これやられたら、皆過去を抱えて生きているのに、公の仕事できなくなる。裁いてほしい。

一般人をいいことに自分のことは棚に上げて有名人の地位を貶めようとする人多いな。
家庭を持っているのにまだ未練あるのか。

ベラベラ今更プライベートを話すとは、
情け無い男だな〜!
だから、なんなんだ。
自分が最低な男だと言うことを世の中に
公言しているだけだと言うことを
理解された方が良いと思います。

私女ですが、桑子さんのプライベートには興味ありません。仕事上の印象だけで、評価させていただきます。

プライベート、しかも恋愛模様を週刊誌に売るなんて、いい加減罰されるべき。リベンジポルノみたい。

どう見ても古いプリクラですね。過去を売る最低な男とそれを記事にする最低な雑誌。誰のため、何のための記事なのか。テレビに出ている著名な方とはいえ、このように過去をさらけ出されてもいいということがあってはならないと思う。

若い時ほいろんな恋愛が良いのではないかなぁ?結局、この男性は何をしたいのか?連絡が絶たれたことでの仕返しですか?お互いに今の生活があるわけですから、お互いを悪く言うのは男としてもレベルが低いですね。記事を売る男性、記事にする編集社も疑問です。このような人を悪く言う記事はやめませんか?記事を書いているあなたが逆の立場なら良い気はしないと思いますよ。

まとめ

今回の記事では「桑子真帆アナの不倫デート報道」について見てきました。

数々のスキャンダルを取り上げられる桑子真帆アナですがそれだけ人気も高く注目されているということ。

やはり学生時代から相当モテていたのでしょうね。ですがこういったスキャンダルはファンにとってはとても悲しいもの。

本当でないことを祈るばかりです。

それで今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民