和歌山カラオケバー「A」少年隊の仮面舞踏会のクラスター店舗はどこ?

社会

二階俊博幹事長の側近秘書たちによる和歌山市内のとあるカラオケバーでの会食が報じられ世間の注目を集めています!

緊急事態宣言最中、この時期にカラオケバーで会食をしたため結果を見せでクラスターが発生したとのこと。

和歌山市内のカラオケバーの店舗はどこなのでしょうか。

今回の記事では、二階幹事長の側近たちが会食をしたとされる和歌山市内にあるカラオケバーについて見ていきたいと思います。

和歌山市内のカラオケバー「二階派秘書」会食でクラスター

2021年1月8日、二階幹事長の側近人たちが和歌山市内のカラオケバーで会食し、結果クラスターが発生したことについて「文春オンライン」はこのように報じています。

 緊急事態宣言が1都3県を対象に発令された1月8日。その当夜、鶴保庸介元沖縄北方相(53)の公設秘書2人と、門博文衆院議員(55)の公設秘書が、和歌山市内のカラオケバーで飲酒を伴う会食を行い、新型コロナウイルスに感染していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 鶴保、門両氏はともに和歌山県が地盤で、二階派の所属。中でも、鶴保氏は常に二階俊博幹事長(81)と政治行動を共にしてきた「最側近」だ。

 1月8日夜にカラオケバーで会食していたのは、鶴保氏の公設第1秘書のX氏、公設第2秘書のY氏、門氏の公設第2秘書のZ氏。3人は、和歌山市内の韓国料理店で食事をとった後、別の和食居酒屋へ移動。3軒目に市内のカラオケバー「A」に向かったという。

常連客が証言する。

「カウンター10席と、テーブル席が2席しかない“密”な空間です。従業員が少年隊の『仮面舞踏会』を歌って踊るショータイムが店の名物。1月8日夜、X氏らは夜8時を過ぎても、マイクを使い回してカラオケを楽しんでいたそうです」

引用:文春オンライン

記事の内容によれば、和歌山市内にあるカラオケバー「A」でクラスターが発生したとのこと。

このカラオケバー「A」の名物は、スタッフが少年隊の「仮面舞踏会」を踊るショーが行われているとのことです。

少年隊の仮面舞踏会が凄すぎる

カラオケバー「A」を利用した二階幹事長の側近人の三人はマイクを使いますなどを行ったため集団で感染してしまったようです。

三密を避けることが必要な時期に、マイクの使い回しをしてしまったためこのような事態になったと思われます。

では一体、クラスターが発生したとされる和歌山市内のカラオケバー「A」とはどこなのでしょうか。

和歌山カラオケバー「A」少年隊の仮面舞踏会のクラスター店舗はどこ?

週刊文春の記事によれば和歌山市内にあるカラオケバー「A」は和歌山県内で21列目としてクラスター認定されたようです。

これをもとにこのカラオケバーの店舗名を調べてみたところ、

「DAY BREAK(デイ ブレイク)」であることがわかりました。

県によると、

和歌山市のバー「DAY BREAK」で客の同市の40代男性の感染を確認。

他の客や従業員ら計7人の感染が既に判明しており、

21例目のクラスターと認定した。

引用:https://mainichi.jp/articles/20210122/ddl/k30/040/320000c

和歌山市のバー「DAY BREAK」の場所は、

和歌山県和歌山市吉田548とあります。

「DAY BREAK」の従業員による少年隊の仮面舞踏会のショー動画がありました。

少年隊♪仮面舞踏会♪

和歌山県は優秀な知事!二階派和歌山カラオケバー会食についてみんなの声は?

和歌山カラオケバー「A」のクラスターにネットの反応も見てみましょう。

まとめ

今回の記事では和歌山カラオケバー「A」について調べてみました。

緊急事態宣言が発令された1月8日ということで外出自粛が迫られる中、二階幹事長の側近秘書たちがカラオケバーで三密を行っていたことに注目が集まっています。

以前も菅総理がステーキ会食などをされ批判を浴びていましたね。

果たして今回はどうなってしまうことやら。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民