栃ノ海晃嘉の妻や息子は?結婚した嫁や子供は?家族と今現在の画像!

芸能

第49代横綱の栃ノ海晃嘉こと花田茂広(はなだ しげひろ)さんがお亡くなりになったことがわかりました。

82歳でした。

花田茂広さんの突然の訃報に悲しみの声が広がっています。

横綱の引退後は春日野部屋で横綱栃錦の後継者として師匠を務めていました。

今回の記事では、第49代横綱の「栃ノ海」こと花田茂広さんはご結婚していて奥様やお子さんはいらっしゃるのか、ご家族などについて見ていきたいと思います。

【死因は?】栃ノ海晃嘉こと花田茂広(はなだ しげひろ)さん死去

栃ノ海・佐田の山

2021年1月28日、大相撲で活躍した第49代横綱の「栃ノ海」こと花田茂広さんの死去がわかりました。

日刊スポーツがこのように応じています。

大相撲の第49代横綱栃ノ海晃嘉こと花田茂広さんが亡くなったことが29日、分かった。

存命の歴代横綱では最年長の82歳だった。青森県南津軽郡出身で現役時代は技巧派横綱として活躍。身長は180センチに届かない小兵だったが、優勝3度、横綱を2年10カ月務めた。引退後は横綱栃錦の後継者として春日野部屋の師匠を務めた。

花田さんは17年に第50代横綱の佐田の山が79歳で死去し、存命の横綱経験者としては最年長となっていた。年6場所制に移行した58年以降の入幕力士でも、横綱経験者としては最高齢だった。

小兵の横綱として活躍した。弘前商高(現弘前実高)時代は2年生まで野球部で、いくつかの運動部をへて相撲部に入部。弘前に巡業に来た力士一行の中に小学校時代の友人を見つけたことが、角界入りのきっかけとなった。第27代横綱栃木山の春日野親方が師匠を務める春日野部屋に入門し、初土俵は55年秋場所。入門当時の体格は175センチ、75キロ程度だったが、前さばきのうまさや変幻自在の取り口で順調に出世し、関脇だった62年夏場所で初優勝を果たすと、場所後に大関昇進した。

64年初場所後に待望の横綱昇進を果たしたが、体格のハンディゆえか故障に苦しんだ。右上腕の筋断裂や椎間板ヘルニアなど、度重なるけがの影響もあり昇進後の優勝は1回のみ。昇進から2年10カ月後の66年11月、九州場所を最後に引退した。横綱在位は17場所。それでも技能賞は通算6度など、ファンを魅了する力士として人気を集めた。

現役引退後は年寄中立を襲名して春日野部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、当時部屋の師匠だった元横綱栃錦の春日野親方が定年を目前にして急逝。90年に栃ノ海が春日野部屋を継承し、名門部屋の師匠として関脇栃乃洋や小結栃乃花らを育てた。

引用:日刊スポーツ

この記事のようにあるように「栃ノ海」こと花田茂広さんは82歳で死去しました。

ただしなぜお亡くなりになったのか死亡原因については公表がされておらず不明です。

何か情報がないかSNSなどを調べてみましたが、死因について述べられている投稿は確認できませんでした。

生前何かしらの病気をしていたのかさえ事実も現在わからない状態です。

栃ノ海晃嘉(花田茂広)の今現在の年齢や画像! 

小兵の横綱として活躍した「栃ノ海」こと花田茂広(はなだ しげひろ)さん

横綱当時の体格は、

  • 身長は175cm
  • 体重は75kg

だったようです。

年齢は82歳。

本名は、花田茂広(はなだ しげひろ)ですが、花田はたまたまで貴乃花、若乃花の花田家と関係ありません。

「栃ノ海」こと花田茂広さん一番最近の画像はこちらになります。

【家族】栃ノ海晃嘉の妻(嫁)や息子(子供)は?結婚はしている?

「栃ノ海」こと花田茂広さんはご結婚されているのでしょうか。

調べてみたところ2回結婚されています。

一度目の妻は高橋七重さんです。

高橋七重さんとは離婚されています。

2度目の奥様は宝塚歌劇団の団員。

再婚されているのは定かのようですが、名前や顔画像については確認できませんでした。

「栃ノ海」こと花田茂広さんにはお子さんがいらっしゃるようで息子さんになります。

息子さんのお名前は「康行」さん。

「康行」さんもかつては力士として「日の出海」の名前で活動していましたが、四股名で成績を残すことができずに盛業されています。

引退をした後は個人で起業し、東京の神田に「相撲茶屋 栃ノ海」をオープンしています。

ネット声

「栃ノ海」こと花田茂広さんの突然の訃報に悲しみの声が広がっています。

まとめ

今回の記事では、「栃ノ海」こと花田茂広さんのご家族についてみてきました。

第49代横綱の訃報に悲しみの声が広がっています。

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民