三菱電機 サイバー被害報道が怖い!【動画】社員が過労自殺していた?

三菱電機サイバー被害報道今話題となっています。

気になるニュースが飛び込んできました。

いったいどのようなサイバー被害だったのでしょうか。

では、三菱電機サイバー被害報道について一つづつ見ていきましょう。

三菱電機 サイバー被害報道が怖い! 

まずは、三菱電機サイバー被害報道について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。

三菱電機が中国系とみられるハッカー集団から大規模なサイバー攻撃を受け、機密性の高い防衛関連や鉄道などの情報が流出した可能性があることがわかったという。きょうの朝日が1面トップで「三菱電機にサイバー攻撃」との見出しで大きく取り上げている。

記事によると、本社や主要拠点の少なくとも国内外の120台超のパソコンや、40台超のサーバーに不正なアクセスを受けたことが社内調査で判明。三菱電機は不正アクセスの手口などから、防衛関連の機密情報を主に狙う中国系のサイバー攻撃集団「Tick(ティック)」が関与した可能性があるとみているという。

その被害としては自社の情報に加え、防衛省、環境省、内閣府、原子力規制委員会、資源エネルギー庁など10を超える官公庁や政府機関、電力、通信、JR・私鉄、自動車の大手を中心に少なくとも数十社の国内外の民間企業に関する様々な情報が不アクセスを受けたという。

朝日の記事によれば、三菱電機が社外からの不正アクセスの疑いに気づいたのは昨年6月下旬。情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)のサーバーで不審なファイルの動作を検知したのが端緒だったとみられる。

 

このように朝日新聞では三井電機にサイバー攻撃といった大きな見出しで取り上げていることがわかりました。

この記事によれば本社や主要拠点など国内外で120台町のパソコンや40代町のサーバーに不正アクセスがあったということで社内調査を進めているようです。

一体誰がどんな目的でサイバー攻撃をしているのでしょうか。非常に不安で深刻な問題です。

三菱電機 【動画】社員が過労自殺?

三菱電機子会社の社員が過労自殺 労基署が労災認定

三菱電機の子会社では社員の過労自殺が問題となっていました。

三菱電機では、過労自殺の問題から「働き方改革」を掲げて長時間労働を抑制する方針を打ち出すなど、ネガティブな話題も多いが、今度はまさかの国家の機密情報などが含まれるサイバー攻撃とは、詳細は明らかにされてはいないものの怖い話である。

次に、三菱電機で問題になった過労自殺のニュースはこちらになります。

今回のサイバー攻撃は、このように三菱電機では社員の過労自殺問題が起きていた最中のことでした。

三菱電機サイバー被害報道に世間の反応は?

さらに、三菱電機サイバー被害報道についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • すぐに国家機関を巻き込んで対策すべき。
    今回の事件の分析と再発防止もそうだけど、もっと根本の原因の部分も分析してもらいたい。
    おおよそ、セキュリティ関連予算には限界があるし、経営からみたらコストセンターでしかないから下げろ下げろ言われて必要な対策や人材も削ってしまっていた可能性がある。
    加えて、こういう国家機密を扱うような民間企業には、より一層の厳しい監査やガイドラインの策定等が必要だと思う。
  • 〉〉〉その被害としては自社の情報に加え、防衛省、環境省、内閣府、原子力規制委員会、資源エネルギー庁など10を超える官公庁や政府機関、電力、通信、JR・私鉄、自動車の大手を中心に少なくとも数十社の国内外の民間企業に関する様々な情報が不アクセスを受けたという。何故、日本の企業や政治家は、尻尾ふって仲良くしましょうなのか理解出来ない。

終わりに

今回は、三菱電機サイバー被害報道についての内容や世間の反応をお伝えしました。

三菱電機のサイバー被害報道がすごく気になりますね。

パソコンやサーバーに攻撃があったということなので何かしらの目的はあるのだと思いますが真相は不明です。

今後の展開に注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。