コナン劇場版 トップ5を調査!人気投票企画の結果がヤバイ!【動画】

芸能

名探偵コナン劇場版のトップ5が話題となっています。

コナン君といえばテレビや漫画も人気はありますが、やっぱり劇場版の作品は非常に人気が高いものとなっています。

その中で劇場版シリーズの人気投票企画が行われ、その結果が注目されています。

では、コナン劇場版のトップ5について一つづつ見ていきましょう。

コナン劇場版 トップ5を調査!【動画】

まずは、コナン劇場版のトップ5について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

日本テレビの映画枠「金曜ロードSHOW!」で実施された、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版作品の人気投票企画の結果が1月24日に発表され、劇場版第4作「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」(2000年)が7万7991票を獲得し、1位に輝いた。同作は、2月7日の「金曜ロードSHOW!」で放送される。投票企画は、1月10~20日の期間に1人につき1回投票ができる特設サイトが開設され、約10日間で51万144票が集まった。今回第1~5位が発表された。

人気アニメ名探偵コナンの劇場版作品の人気投票の結果、第一位は、劇場版第4作「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」でした。

ZARDが歌う挿入歌も人気を誇っています。

【MAD】瞳の中の暗殺者【ZARD / 名探偵コナン】

なるほど〜と納得した方も結構多いと思います。

「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」は劇場版作品の中でも非常に人気の高い作品になっていますよね。

続いて第2位〜順に見てみましょう。

第2位は、第18作「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」(6万535票)、第3位は、第5作「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」(5万5182票)、第4位は、第10作「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」(5万2793票)、第5位は、第19作「名探偵コナン 業火の向日葵」(3万5463票)だった。

名探偵コナンの劇場版シリーズは全て人気がありそうですが、特に放映期間中に話題となったものが上位に入っているようです。

名探偵コナンの劇場版シリーズの人気投稿企画は、金曜ロードショーで放送された作品を除いた15作品を対象にしています。

特設サイトが設けられ、あなたの一番観たい作品をそれぞれ 投稿する形となっていますね。

コナン劇場版 トップ5を調査!人気投票企画の結果がヤバイ!

それでは今回第一になった「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」のあらすじや対象の作品などについても見てみましょう。

今回第1位に輝いた「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」はある日アマの中、江戸川コナンの目の前で警察が射殺される事件が発生するところから始まります。

その後も同じ手口で警察官が殺される事件が連続して起こり警視庁はなぜか事件の詳細を公表しようとはしません。

そんな中、警察は極秘捜査を続け俺中で佐藤刑事が連続殺人犯に打たれてしまい重体となりその後も蘭ちゃんが記憶喪失になったりとハラハラドキドキの展開になっていますね。

◇対象となった15作品

 「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」(1997年)▽「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」(1998年)▽「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」(2000年)▽「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」(2001年)▽「名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)」(2004年)▽「名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)」(2005年)▽「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」(2006年)▽「名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」(2007年)▽「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」(2008年)▽「名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)」(2009年)▽「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」(2011年)▽「名探偵コナン 11人目のストライカー」(2012年)▽「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」(2013年)▽「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」(2014年)▽「名探偵コナン 業火の向日葵」(2015年)

コナン劇場版のトップ5に世間の反応は?

さらに、コナン劇場版のトップ5についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

生まれた年の作品なのか
投票したやつは見れないけど20年前の映画を見れるのは楽しみだな

小五郎と新一の恋愛レベルが同じであることがバレる映画でもあるんよね。楽しみ

またまた誤解を招くような記事をよくもまあ書けるなあ。

終わりに

今回は、コナン劇場版のトップ5についての内容や世間の反応をお伝えしました。

やはり名探偵コナンの劇場版シリーズは本当に人気が高く人気投票の投稿数も非常に多かったですね。

今年の名探偵コナンの最新作も楽しみです。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。