小川彩佳 番組表 名前がないのはなぜ?ラテ欄の異変がヤバイ!

社会

小川彩佳アナ番組表に名前がないのが話題となっています。

これまでテレビ番組の番組表には必ずアナウンサーの名前が入っていたようなんですがなぜか消えてしまってるようです。

一体なぜなのでしょうか。とても気になるところです。 

では、小川彩佳アナ番組表に名前がないについて一つづつ見ていきましょう。

小川彩佳 番組表 名前がないのはなぜ?

まずは、小川彩佳アナ番組表に名前がないについて報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

新聞などの番組表のことを「ラテ欄」と呼ぶが、TBS「NEWS23」のラテ欄に異変が起きているという。年明けからキャスターを務める小川彩佳の名が消えたというのだ。

どうやら新聞やテレビ番組の番組表のことをラテ欄と呼ぶらしいですね。

そのラテ欄に異変が今起きてるようです。テレビキャスターの小川彩佳アナの名前が消えたようです。

一体なぜなのでしょうか。理由ついてみていきましょう。

小川彩佳 番組表 名前がないのはなぜ?ラテ欄の異変がヤバイ!

テレビ番組の番組表のラテ欄に名前があったはずが消えてしまったようです。

実際に消えてしまったラテ欄の画像がこちらになります。

理由はこのように語られてるようです。

担当スタッフは、空いた4文字分にさらに情報を詰め込めるようになったわけだ。そもそも、報道番組のラテ欄にわざわざキャスターの名を入れるのは、TBSだけだという。

「NHKの『ニュースウォッチ9』はもちろん、日テレの『zero』、テレ朝『報道ステーション』、テレ東の『WBS』だって、ラテ欄には番組名のすぐ後から、その日の内容を紹介しています。しかし、TBSだけは、《NEWS23 小川彩佳》と最初の1行を丸々使って、名前を入れてきたわけです。元々の番組が『筑紫哲也NEWS23』だっただけに、キャスターの名を入れるのが好きなのかもしれませんけど」(同・他局プロデューサー)

これまでは人気キャスターの名前を入れることによって番組を見るという人も多かったと思いますが、現在はそうでもなくなったということなのでしょうか。

実際に人気なキャスターが出演するので見てみようと思う方もいらっしゃると思いますが、どうやら最近は違うようですね。

その4文字の隙間を使って別の情報を埋めた方が良いということなのでしょう。

ですがあまりアナウンサーにとっては良いことではないのかもしれません。

世間の反応はどうなのでしょうか。

それでは一つずつ見てみましょう。

小川彩佳アナ番組表に名前がないに世間の反応は?

さらに、小川彩佳アナ番組表に名前がないについてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

 

そもそもアナウンサー1人の力で、というのが間違っている。
番組構成も悪いし、見たいと思わない。小川アナの責任だけではない。

普通にニュース番組として落ち着いた感じで観やすくていいと思う。
キャスターやアナウンサーがテンション高めで頑張られても寛げない。今の感じで丁度良い。

そんなの然程視聴者は気にしていないし、私などこの記事を見るまで気付かなかった。
こんなのは大山鳴動して鼠一匹。業界人だけが勝手に盛り上がり、騒いでいるだけのネタじゃないの?
視聴率、視聴率といったところでプライムタイムでもないのに、そんな数字を稼げる訳もない。夜の11時なら既に寝ている人もいる時間帯。
それをゴールデンとなるNHKや、プライムとなる報道ステーションと単純に比較するのもおかしい。
それに先にNHKや報道ステを見たような人が、またほぼ同じニュースが出てくると予想される後番組のNews23をじっくり見ようというふうにはそうそうならない筈。余程ニュースの視聴に熱心な人でない限り。世の中そんなに暇人ばかりじゃないし。
大げさすぎるよ。

TBSが彼女にどこまで期待していたか分からないが、アナウンサー目当てにニュース番組を見るなんてあり得ないし、ニュース番組はそれこそ内容で勝負でしょ。まるで小川アナウンサーのせいで数字が上がらないみたいな書き方だけど、こんな考え方じゃいつまでたっても改善どころか同じ事の繰り返しだよ。

小川さんが座長になるわけだから、矢面になるのは仕方ないにしても番組の構成の問題も多いにあると思います。番組が全然つまらないうえに小川さんの可もなく不可もない進行。小川さんをわざわざ呼んできた意味があるのだろうかと思います。

小川彩佳キャスターは悪くないけどなぁ。ひとまずニュースのナレーションやセットが暗いのと、スポーツコーナーが暑苦しいのと、後半のCMが多いのを改善してみては?
zeroは明るい印象を受ける。ニュースの中身がzeroのときはあるけど。

終わりに

今回は、小川彩佳アナ番組表に名前がないについての内容や世間の反応をお伝えしました。

テレビ番組表がラテ欄ということ自体があまり知られていなかったため今回は勉強になりましたね。

ラテ欄からアナウンサーの名前が消えてしまったのは少し残念に思います。

ただこれが良い結果につながるのかどうか、今後もラテ欄に注目ですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

社会
ブログ民