グランエース 導入背景(トヨタ)を調査!【動画】送迎ニーズとは?

社会

グランエースの導入が話題となっています。

昨年の12月に発売された新型グランエース。新型をこのタイミングで発売した経緯はどのようなものなのでしょうか。

その背景には送迎ニーズがあると言われているようです。

では、グランエースの導入背景について一つづつ見ていきましょう。

グランエース 導入背景(トヨタ)を調査!

まずは、グランエースの導入背景について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

グランエースに見る「送迎ニーズ」とは

 トヨタは、2019年12月16日に新型「グランエース」を発売。アジア圏では、「マジェスティ」「グランビア」の車名でも販売されていますが、想定される「送迎ニーズ」とは、どのようなものなのでしょうか。

アジア圏内でも別名の車名で販売されているんですね。やはりそこには送迎ニーズが想定されているようです。

新型グランエースのプレミア車種について詳しく見ていきましょう。

 新型グランエースは、海外ですでに発表されている新型ハイエースの高級版となる「グランビア(オーストラリア)」「マジェスティ(タイ)」の日本仕様として発売しました。

日本では、ユーザーの多様なニーズに応じて、3列シート(6人乗り)の「プレミアム」と4列シート(8人乗り)の「G」というふたつのグレードを設定しています。

ユーザーのニーズに合わせて6人乗りと8人乗りの二つのタイプで販売されたようです。

ボディサイズなどはこちらになります。

 ボディサイズは、全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mm、ホイールベース3210mm。 室内サイズは、室内長3290mm(8人乗り3365mm)×室内幅1735mm×室内高1290mmです。

グレードごとに異なる部分として、上級グレードのプレミアムはリアの全4席がキャプテンシートとなり、オットマン付きの電動シート(シートヒーター付き)となってます。 

続いて G グレードについて見ていきましょう。 

対してGグレードは、2列目にプレミアム同様の電動キャプテンシートを採用し、3列目を手動キャプテンシート、4列目はチップアップでトランク容量を増やすことのできるシートを採用しました。

 さらに、室内のピラーやサイドガーニッシュが樹脂製か表皮巻、木目加飾など上質さを演出する部分が異なっています。

 パワートレインは、2.8リッターディーゼルエンジンと6速ATを搭載し、低回転から力強い走行性能を発揮。リアの足まわりには、新開発のトレーリングリンク式リアサスペンションを採用することで、高いボディ剛性と相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を誇っています。

 また、グランエースは従来のバンタイプと比べてセミボンネット化した構造によって、エンジン搭載位置を室内空間から独立させることで、アルファード並の静粛性を誇っています。

どちらの車種も高性能のグレードアップと言えるでしょう。 

新型グランエース 【動画】 送迎ニーズとは?

【トヨタ グランエース】全長5.3mの日本最大ミニバン【東京モーターショー出品車】[clicccar公式 第2チャンネルです]

次に、ニースの導入背景について見ていきましょう。

新型グランエースの導入背景などについて、トヨタは次のように説明しています。

「日本導入の背景は、近年のインバウンドによる訪日外国人の増加や2020年の東京オリンピックに向けて送迎需要の増加が見込まれるためです。

 ベースは海外向けの新型ハイエースで、全長5m超えとかなり大柄なサイズですが、タイヤかなり切れるので一回り小さいアルファードより小回りが利くなど、日本でも問題なく使えます。

 また、日本で新型ハイエース自体を導入するわけではないので、既存のハイエース(200系)はそのまま商用バンとして併売し、新型グランエースは、新たな送迎に関わるジャンルを開拓していくモデルです」

 実際に送迎といってもいくつかの種類に分けることができるといいます。トヨタとしては、VIP/企業要人、大使館関係者、芸能事務所などでの「ショーファーニーズ」、ハイヤー/タクシー、インバウンド企業、高級リゾートなどの「送迎ニーズ」、ビックサイズミニバンやキャンパーなどの「小口法人や個人向けニーズ」というユーザーをターゲットにしているようです。

今後 AIの進化とともに車を個人が所有することもなくなるとも言われていますよね。 もし AI が進化すれば自動運転などが普及すると思います。そうするとさらなる送迎ニーズが高まりそうですね。

グランエースの導入背景に世間の反応は?

さらに、グランエースの導入背景についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

やっぱりトヨタは上手だなと思いました。6人乗りと8人乗りに限定している事と送迎車として割りきっているところ。どちらも隙間産業で既存車種でカバー出来ないけど必要な車ですから。ホテルやタクシー会社が購入するのであれば十分回収出来そうですから。

大阪ミナミには、アルファードがタクシー並みに走ってます。それのほぼ半数が、インバウンドの観光客を乗せた違法な「白タク」です。販売台数が以上に伸びていますが、普通の日本人の個人所有ではなく、中国系の方の所有が非常に多い印象です。このグランエースはまさに、その方々をターゲットにしていると思われます。団体ツアーではなく、個人のツアー客の白タクには最適です。

メーカーが法人需要を見越していても、案外個人購入する人も多いのでは。
大人数を乗せる機会等はほとんどなくて普段は空気を運ぶだけになるんだろうけど、日本の道が広くなったという話は聞かないし、カローラが3ナンバーになったといって話題になっていたことを考えると何だかな、とは思う。

シボレー・エクスプレスに乗ってた事がありますが、あれと同サイズか。駐車できる場所を探すのに苦労しました。小回りがきけばOKという問題ではない。コインパーキングはまず無理、立体駐車場も最近のはともかく昔からある立駐や地下駐車場は枠がせまくてはみ出します。

大人6人とかで旅に出るにはちょうどいいんだろうな。
アルファードだと3列目はどうしても窮屈になるし、ハイエースのグランドキャビンだとシートもよくないし。
レンタカーや送迎車の需要はあると思います。

せめて名前はグランビアのままにすればよかったのにね。
日本でもかつては使っていた名前だし。
「~エース」と付けるのは基本的に商用車扱いの車のはず。
貨物車ではなくリモとして高級車を重視するのであれば、なんちゃらエースはやめた方がよかったのでは。

終わりに

今回は、グランエースの導入背景についての内容や世間の反応をお伝えしました。

新型グランエースは送迎ニーズを踏まえた新しい車だということがわかりました。今後時代の進化とともにさらなる送迎ニーズが高まりそうです。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民