宮迫の息子 独占告白の藤井陸の画像は?フライドポテトの動画も!

芸能

宮迫の息子の独占告白が話題となっています。

先日、ユーチューバーとして復帰デビューした雨上がり決死隊の宮迫博之さんの一人息子が独占インタビューをしたというのです。

一体どういった内容なのでしょうか。調べて見たところ、宮迫さんの息子の漫才の動画も発見しました。

では、宮迫の息子の独占告白について一つづつ見ていきましょう。

 

宮迫の息子 独占告白を調査!【画像】

宮迫さんに一人息子がいて芸人を目指していたことがわかりました。

一体どういったジャンルの芸人さんでどういった活動を行ってるのでしょうか。非常に気になりますね。

まずは、宮迫の息子の独占告白について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。 

親の力は使いたくない

「芸人を目指しているのは、まったくお父さんの影響ではないんです。もちろん父をテレビで見かけることはよくありましたが、カッコいいとか憧れるという感情はなかったですね。父というより、人気芸人が出てるなぁという感覚です」

ハニカミながらそう語るのは、藤井陸くん(18)。芸人・宮迫博之(49)の一人息子だ。

宮迫さんの息子さんは、藤井陸さん。 どうやら宮迫という苗字は使っていないようです。

またソロ活動ではなくコンビを組んでいるようですね。

本誌が昨年報じた一連の「闇営業」問題は、吉本興業を揺るがす一大スキャンダルに発展した。「ギャラはもらっていない」と後輩芸人に嘘をつかせた宮迫への批判は大きく、復帰の道はいまだ見えていない。はたして、そんな父親の姿を息子はどう見ているのか。アマチュア漫才コンビ『フライドポテト』として活動中の陸くんが、「相方の山口(将・19)と一緒なら」という条件付きで本誌の独占取材に応えた。

相方の名前は山口将さんです。

そして、アマチュア漫才コンビの名前はフライドポテトというそうです。もう少し詳しく見ていきましょう。 

宮迫の息子 藤井陸の画像は?フライドポテトの動画も!

こちらが漫才コンビ『フライドポテト』の動画です。

フライドポテト 漫才 「デート」

大迫さんの息子さんがアマチュア漫才コンビで芸人を目指していることがわかりました。

どういった経緯で父と同じ芸人を目指すことになったのでしょうか。 そのあたりについてインタビューに語っていますので画像とともに見ていきましょう。

藤井「お笑い芸人を目指すようになったのは、単純にモテたかったからです。中学生のときにテレビでたまたま『博多華丸・大吉』さんの漫才を見て、すごくカッコよくて。僕もやりたいと思い、同級生だった山口とコンビを組んだ。『フライドポテト』という名前はクラスメイトから募集して決めました。最初は文化祭に出る程度だった漫才を真剣にやるようになったのは、高校2年生。『ハイスクールマンザイ』というお笑いの甲子園みたいな大会に出場したのがきっかけです」

山口「僕がボケで藤井がツッコミ。高2のときは準決勝で負けたんですが、高3では決勝までいけました」

藤井さんは、父と同じツッコミを担当しているようですね。

そうするとお父さんである宮迫さんがアドバイスをしてくれてるのでしょうか。

そのあたりについてもっと詳しく見ていきましょう。

藤井「お父さんからお笑いの活動を止められたり、逆にアドバイスをされたり、ということは一切ないですね。『宮迫の息子』として見られたくなかったので、名字も変えて活動している。スネかじりと言われるのもイヤなので、大学生になってからは100円ショップでアルバイトもしています」

藤井さんは闇営業報道があった時はどのように感じたのでしょうか。やはり落ち込んだんでしょうかね。

そのあたりについても見てみましょう。

山口「闇営業報道が出たときも、藤井はあまり動じてなかったよね?」

藤井「報道の前にお父さんから連絡があったのは覚えています。『載るから』と。それから、家族会議も開かれましたね。家族会議は『大変なことになった』という話をしていたと思うんですが、あまり聞かないようにしていました。僕はあまりお父さんがやったこととは思えなくて。どこかの人気芸人が悪いことをした、という感じ。

息子からすると、家での父・宮迫とテレビで見る芸人・宮迫は別の人なんです。お父さんは放任主義と言いますか、息子にはまったく干渉しない。たぶん、僕の大学も知らないと思います。一度だけ、お父さんが酔っぱらって帰ってきたときに、僕にお笑いのアドバイスをしようと話しかけてきたんですが、そのときも聞かずに逃げました。フライデーに出ることは一応事前に連絡しましたが、それについても『ええんやない』って言ってました(笑)」

宮迫さん自身はすごく広い目で息子さんを見てくれていることがわかりましたね。

父の影響ではなく自分の意思で芸人を目指す藤井さんも素敵な考えを持っていますね。

闇営業問題の時はあまり関心がなかったようですが不倫疑惑が報道された時はどうだったのでしょうか。

そのあたりについても見ていきましょう。

◆父・宮迫から見た吉本興業

山口「(不倫疑惑が報道された)オフホワイト騒動(’17年)のときは?」

藤井「あのときも家族会議が開かれた(笑)。僕は『やっぱり芸人ってモテるんだなぁ』と思いましたけど、母はさすがに怒っていた。『子供に影響したらどうするの!』と。お父さんは平謝りしていましたね。

いまも、父との関係は変わりありません。お父さんが家にいることが多くなっただけ(笑)。タイミングが合えば一緒にご飯食べてバラエティ見たりはしますが、これからどうするとかいう話をしたことはないです。落ち込んでいるところを見たこともない。息子には見せないようにしているのかもしれませんが」

山口「ただ、事務所選びは難しくなったよな(笑)」

藤井「吉本は入りづらいよね……。ただ、以前から吉本は僕らには向いていないのかも、とは思っていました。お父さんから一度だけ『吉本は良い事務所だ』という話は聞いたことがあるんです。その理由を聞くと、『ライブ会場があるので場数が踏めるから』と。ただ、『ライバルが多すぎて面白くても売れないヤツらが山程いる』とも言っていました」

山口「とにかく目立ちたい、モテたいと思っている僕らが吉本で這い上がれるかというと、難しそうだな、と」

藤井「とはいえ、僕はお笑い芸人として生きていくことは決めています。テレビでもネットでも、出られるものは何でも出て目立ちたい。事務所も選んでくれるところがあれば所属したいですが、当面の大きな目標は、M-1で決勝まで行くことですね。去年も出たんですが、2回戦で敗退してしまったので。いつか売れて、大ファンの『乃木坂46』と共演したいです(笑)」

お笑い芸人としていきてくことを決めているあたり素晴らしいですね。

目標はM-1決勝まで行くことだそうです。これからが楽しみですね。

激裏TV・宮迫博之息子の漫才コンビ「フライドポテト」が話題

宮迫の息子の独占告白に世間の反応は?

さらに、宮迫の息子の独占告白についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • 親の力は借りない、という意思が本当なら、
    売れるまで(それこそ賞レースで決勝進出するぐらい)は顔出ししないほうが良かったと思う。
    もう宮迫の息子って認知されてしまった。
  • まだ事務所にも入ってない
    素人漫才大会で優勝した訳でもない
    それなのに取材の依頼が来るのは宮迫さんの息子さんだからなのでは
    親関係ないのなら自分から息子ですと名乗るような真似したら駄目でしょ
  • 息子ってずっと言わなきゃわからなかったのに。この記事見た人はもぅ宮迫博之の息子って見てしまうよ。
  • 息子でっかくなったな。ただ、こういう形で出てきちゃダメなんだって。名前も親を連想させないようにして売れたら、宮迫の息子だったんだね。でいいんだよ。最初っから転んでどうすんだよ。芸人ではないがハマオカモトぐらいが一番カッコいい売れ方の芸人2世だと思う。
  • >あまり聞かないようにしていました。僕はあまりお父さんがやったこととは思えなくて。どこかの人気芸人が悪いことをした、という感じ。現実と向き合えない。
    スネはかじりたくないなら、この取材も受けない、一人暮らしするとかしたらどうですか?
    親子の性格そっくりだね。
  • 親の力を使いたくないって、もうここで息子として紹介されてる時点で親の力を使ってるんだよ。
    ま、もうあなたの親はなんの力もありませんけどね。

終わりに

今回は、宮迫の息子の独占告白についての内容や世間の反応をお伝えしました。

宮迫さんの息子藤井さんがお笑い芸人を目指し現在アマチュア漫才コンビを組んでいることがわかりました。

フライドポテトという名前で活動しているようなのでぜひ応援していきたいですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。